いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
リベットくんワークショップ in 岐阜
1月24日土曜日。
岐阜の未来会館でリベットくんのワークショップをやってきました!

この日は、前日の陽気とはうって変わって、
雪もちらつくとても寒い日になってしまいましたが、
たくさんの親子のみなさんが集まってくれました。

時間は午前10時と午後2時の2回。
もともとは、各回それぞれ定員15組の予定だったのが、
キャンセル待ちの方や、当日の飛び入りの方も
参加できることにしたので、結局2回とも20組ほどになりました。
中には、京都からいらっしゃった親子の方まで…
(遠路はるばるありがとうございました!)
f0118538_3123971.jpg
まずは、子どもたちに前に集まってもらい、
わが家でロカちゃんとパパがリベットくんを作っている様子や
これまでのワークショップの作品をビデオで紹介。
また実物のリベットくんを使って、動きや変化の面白さを子どもたちに伝えます。
f0118538_3124679.jpg
リベットくんがどういうものかわかったところで、
各自テーブルに戻って、コピー用紙に下書き開始。
f0118538_312537.jpg
ここで、それぞれのテーブルを回って、
パーツの分け方などをアドバイスしていきます。
f0118538_3125877.jpg
この男の子は、パワーショベルが作りたいけど、よくわからないよ~と
言っていたので、岩井パパがちょっとスケッチして見せたら、
その後は、かなり集中して作りはじめました。
f0118538_313527.jpg
下書きができたら、厚紙に本番の絵を描いて
色を塗って切り抜きます。
そして切り抜いたパーツそれぞれに千枚通しで穴を開けて、
リベットでつないでいけば出来上がり!
f0118538_3131198.jpg
出来た人から前に持ってきてもらい、
その場で動きをつけながらコマ撮りして、アニメーションにしていきます。

どんな風に動かすか、それぞれの子どもたちに話を聞いたり
一緒に相談しながら撮影します。
小さい子でもちゃんとしっかり動きのイメージができていて驚かされました。

予想よりも出来たリベットくんの数が多かったので、
撮影に結構時間がかかってしまいましたが
なんとか全部撮り終わって、最後は上映会をやって盛り上がりました。

ということで、完成したアニメーションをご覧ください!
(いつのまにか、YouTubeの動画が貼れるようになってました)

まずは午前10時の回。



この回は小学校高学年の子が何人かいたので、
できたリベットくんもちょっと高度なものがいくつかあります。
電車の自動ドアを作った男の子や、ケーキができる手順を作った女の子など、
アイデアが光っていますね。

次に午後2時の回。



この回は午前と違って幼児~低学年中心で
どうなるかちょっと心配しました。
(お子さんが5歳未満でもどうしても参加したい、という方が何人もいらっしゃったそうです)
でもお父さん、お母さんのがんばりもあってか、結果まったく問題ありませんでした。

中でも、2歳のお子さんと参加されたお父さんは、
お子さんのなぐり描きの絵の一部をうまく組合わせて鳥を作っていて感心しました。
それと、最後に出てくるキツネを襲うタカを作ったのは
当日飛び入り参加の小3の男の子だったのですが、
あまりに動物がリアルに描けていて驚きました!
見てください。

参加してくださったみなさん、ありがとうございました!
楽しかったですね!
by iwaisanchi | 2009-01-31 03:49 | ◆リベットくん
<< 文化庁メディア芸術祭でTENO... <みんなの100かいだてのいえ... >>


カテゴリ
その他のジャンル