いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
メディア芸術祭の授賞式に行ってきました
2月3日(火)、文化庁メディア芸術祭の内覧会と授賞式に家族全員で行ってきました。

この日は平日なので、ロカちゃんは普通に学校があります。
でも内覧会は午後4時からなので、
授業が全部終わってから向かったのでは間に合いません。

そこで前の日に、おそるおそる早退させてよいか担任の先生に連絡帳で相談したら、

「おめでとうございます!ロカちゃんにとってもお父さんのこのような姿をはれの場で
一緒に見ることがとても重要だと思います。すてきな思い出のひとこまになりそうですね。」

と、とっても素敵でうれしいお返事をいただきました。
なので、お言葉に甘えて早退させることにし、
この日は給食が終わった頃に学校へと迎えに行きました。

みんないつもよりちょっとおめかしをして、乃木坂の国立新美術館へと向かいます。

家を出る前、ロカちゃんが、
「まめまきはどうするの?」と聞くので、パパは困ったな、と思いつつ
「うーん、もし時間があったらパーティ会場の隅でやろうか…」と、お茶を濁しました。

ロカちゃんはやる気まんまんで、
節分の豆の袋をポシェットの中に入れました(笑)…本当にできるかな?
f0118538_334299.jpg
4時ちょっとすぎくらいに国立新美術館へ着いたのですが、
あたりはなんだかとても閑散としていました。
あまりに誰もいないなあ、と思ったら、今日は美術館の休館日だったようで
メディア芸術祭の内覧会のためだけに特別に開けたようです。

そのため警備も厳重で、うっかり招待状を忘れてしまったパパは、
守衛さんに何度も止められて、
毎回「受賞者なんですけど」と、説明しなければなりませんでした。
f0118538_335197.jpg
中に入ってもあまりにだだっぴろく、展示室やお店がみんな閉まっているので
なんだか不安な感じです。
f0118538_335980.jpg
でも、さすがに2階のメディア芸術祭の会場に着くと、
中にはすでにたくさんの人が詰めかけていました。
f0118538_34719.jpg
ちょっとほっとして、入口のタイトルパネルの前で記念撮影。

今回はわが家の4人に加えて、ママのお姉さん
(ロカちゃんは、”おばちゃん”と呼んでます)も一緒です。

たぶんパパは子どもたちを見てる余裕はないし、帰りも夜遅くなりそうなので、
ママのヘルプとして、念のためお姉さんにも来てもらったのです。
f0118538_341643.jpg
展示会場内はとても広く、天井高も高いです。
その中でTENORI-ONの展示は、こんな風になってます!
TENORI-ON型の巨大なスクリーンを作ってもらったのですが、かなり目立っています。
スクリーンの下にTENORI-ONデモ機が5台。自由に触れます。

他にも、この大きな会場には受賞作や応募作、
また大学関係の技術展示など、たくさんの作品が展示されています。
ゆっくり見たいところですが、パパは授賞式のリハーサルがあって
まもなく別の会場へと向かわなければなりません。
みんなと別れて、授賞式会場である東京ミッドタウンへと向かいました。
f0118538_342456.jpg
国立新美術館から東京ミッドタウンへは目と鼻の先、歩いて5分くらいです。
イルミネーションがきれいですね。

授賞式の会場は、地下一階のミッドタウンホールというところでした。
初めての場所です。

行ってみると、ここもとにかくメチャクチャ広いホールで、
授賞式と祝賀会の準備がそれぞれ別の大きな部屋で行われていました。

ここでようやくTENORI-ONプロジェクトの相棒であるヤマハ西堀くんと会い、
他の受賞者とも一緒に式のリハーサルをやりました。

授賞式の本番スタートは、夕方6時。
ママたちも、6時少し前にこちらの会場へとやってきました。
内覧会のあと、ちょっとだけ買い物もしてきたようです。
f0118538_343372.jpg
これが、授賞式の会場の様子です。
パパが西堀くんと大賞授賞のあいさつをしているところです。
やたら広いホールに、どでかいスクリーン。

ところで、メディア芸術祭は、アート部門、エンターテインメント部門、
アニメーション部門、マンガ部門と4つの部門があるのですが、
なんとマンガ部門で、パパがまだ学生の頃に大好きだった
漫画家の諸星大二郎さんと星野之宣さんが授賞されており、
それも二人とも写真しか見たことなかったので、
動いている実物を間近に見て、ものすごく興奮しました。
(諸星大二郎さんのマンガは、いまだにパパの本棚に並んでいます)

実は、今回自分の授賞よりも、これが一番ドキドキした出来事でした(笑)
(本を持っていって、サインしてもらえばよかった…)
f0118538_344437.jpg
授賞式のセレモニーが終わり、記念撮影が済むと、隣の祝賀会場に全員移動です。
あんなに大きかった部屋が人で溢れかえっていました。

飲み物をもらって乾杯をし、ママたちとちょっとくつろごうとしたのもつかの間、
すぐにお呼びがかかって、今度はパーティ会場のステージで西堀くんと
TENORI-ONの解説と演奏をしました。

演奏が終わった後、ロンドンから来ていた受賞者の二人組がやってきて
TENORI-ONに関して質問攻めにあいました。
いたく気に入ってくれたようです!

その後は、もうひっきりなしにいろいろな人に声をかけられて
ずっとしゃべりっぱなし、立ちっぱなし、あいさつしっぱなし(苦笑)
まったく休むヒマもありませんでした。

パパが次々とたくさんの人と話していると、途中しばらくして、
ロカちゃんがお皿におすしやデザートを乗せて持ってきてくれたのですが
「パパ!これ…!」と言ってお皿をパパに手渡してから、ウワンウワン泣き始めました。
「ロカちゃん、どうしたの?大丈夫?」と聞いても泣き止みません。

まもなくママがやってきて、
「食べるものがなくなっちゃいそうだから、ロカちゃんは、
パパの分をとっておいてあげる!って言って
おすしをお皿にきれいに並べてとっておいたんだよ。
でも、パパはずっと話しこんでるし、そのうちお皿の上のものを
ゆゆちゃんがさわろうとして、何度止めてもやめないから、泣いちゃったんだよ」
と、説明してくれました。

ごめんね、ロカちゃん!
ロカちゃんは優しいなあ!

しかし、その後もパーティの最後まで、ずっとパパは忙しく、
ママやロカちゃんたちがどうしているのか気になっていたのですが、
案の定、みんな退屈しきっていたようでした。
でも、辛抱強くパパのことを待ってくれていました。ありがとうねー
f0118538_345375.jpg
結局、9時すぎまで会場にいることになり、
みんな疲れきってしまったので、そのままタクシーで家まで帰りました。

タクシーに乗ると、ロカちゃん、ゆゆちゃんはすぐに沈没。
遅くまで付き合わせちゃってごめんね…

うれしい日ではあったけれど、ちょっと家族に負担をかけてしまった日でもありました。

そして何より…節分の豆まきは、やっぱりできなかったのでした。
by iwaisanchi | 2009-02-05 03:05 | ◆このごろのいわいさんち
<< 豆まきとTENORI-ONI! 文化庁メディア芸術祭でTENO... >>


カテゴリ
人気ジャンル