いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
豆まきとTENORI-ONI!
授賞式の翌日。

「きょうね、せんせいに『まめまきしたひと、てをあげて!』と いわれて、
わたしだけ てをあげられなかったんだよー。
みんな、なんで~って びっくりしてた」

ロカちゃんが、夕食の時にちょっとしょんぼりしながら言いました。

「ごめんねー豆まきできなくて…」と、パパが言うと、
「だからパパ、きょうはぜったい まめまきやるよ!」と、ロカちゃん。
意外と立ち直りは早いようです(笑)

「パパ、オニのおめんはどうする?ないよ」
「じゃあ作んないとね。ロカちゃんオニの絵描く?」
「え~わたし しゅくだいあるし」
「そっか、じゃあパパがボール紙でお面を作ろうかな…」

その時、パパは急に面白いアイデアがひらめきました!

「ロカちゃん、いいこと思いついた!
昨日はTENORI-ONのせいで、豆まきできなかったから…」
「え~なに?」

パパはさっそく、オニのお面の材料を用意することにしました。
f0118538_2355044.jpg
材料はこれ!
ハガキサイズの黄色い紙2枚と両面テープ。
そしてTENORI-ON。

「ロカちゃん、これでお面を作るよ!」
「え~?」ロカちゃんはポカンとしています。
f0118538_2355993.jpg
まずは、黄色い紙をこんな風に丸めて、コーン型を2つ作ります。
f0118538_23551641.jpg
そして、次にTENORI-ONをスイッチオン!
パパがLEDボタンを押して、光るドットを並べはじめると…

「あはは、パパ!それいいね!!」
ロカちゃんもパパの思いつきがわかったようです(笑)
二人であーでもない、こーでもないと
TENORI-ONの画面に点を並べて絵を描きました。
そして・・・
f0118538_23552398.jpg
ジャジャ~ン!
オニのお面の出来上がり!
(両端に、さっきのコーンを両面テープで貼りつけました)

名づけて、テノリオンならぬ、テノリオニ!!(笑)
f0118538_23553052.jpg
「さあ、じゃあ豆まきを始めるよ!
ロカちゃん、ゆゆちゃん、準備はいいかな?
席について!」

豆のはいったカゴを持って階段に座るロカちゃんとゆゆちゃん。
パパはソファベッドをステージに見立てて、その上にTENORI-ONを持って立ちました。
そして、二人に向かって深々とおじぎ。

「え~、このたびはメディア芸術祭の大賞という
なんとも素晴らしい賞をいただきまして、ありがとうございます!
これが、パパが作りましたTENORI-ONという楽器です。
どんな楽器なのか、ちょっとご紹介しましょう・・・」
普通にTENORI-ONの演奏をはじめるパパ。

しかし、しばらく経つと・・・
f0118538_23553897.jpg
「ガーッ、テノリオニだぞ~!」
パパがオニに変身してしまいました!!
f0118538_23554595.jpg
「かわいい女の子を くっちゃうぞ~~!」
(2つめの画面に切り替えると、口が開くんです)
f0118538_23555366.jpg
「え~い!オニは~そと!!フクは~うち!!」
ロカちゃんがテノリオニに豆を投げつけます。
それを見たゆゆちゃん、最初はちょっとびっくりしていましたが
すぐに真似して面白そうに豆を投げはじめました。

「うわ~痛い、痛い!助けて~」

豆がいっぱい飛んできます。
玄関のドアを開けて、外へ逃げるテノリオニ。
外まで追いかけて、豆をぶつけるロカちゃん。

「こらまて~!オニは~そと!フクは~うち!」
「ごめんなさ~い!もう悪いことはしませ~ん」
f0118538_2356070.jpg
「どーも、すいません・・・」
テノリオニも、昨日のこと、すっかり反省したようです(笑)
f0118538_2356818.jpg
床に散らばった豆を拾いながら、みんなでポリポリおいしくいただきました。

「あ~まめまきはたのしいな!!
まめをなげられるし、ひろえるし、たべられるもん!」

ロカちゃんには、やっぱり豆まきのほうがよかったみたいですね(笑)

子どもたちのはしゃぐ声とともに、わが家にも今日は福がやってきました。
by iwaisanchi | 2009-02-06 00:33 | ◆このごろのいわいさんち
<< 「どっちがへん?」東急電鉄マナ... メディア芸術祭の授賞式に行って... >>


カテゴリ
人気ジャンル