いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ロカちゃんの小学校で特別授業をやることになったわけ
岩井パパです。

前回お知らせした、今度のETV特集ですが、
放映前にもかかわらず反響が大きく、期待していただいて、とてもうれしく思っています。
ただ、まだ僕自身番組を見ていないのでどんな風になっているか緊張もしています。

ちょっとここで番組前の予備知識として、
この特別授業をやることになった経緯について書いておきたいと思います。
長くなってしまったので、興味のある方だけお読みください。

・・・

もともとは、昨年1月末にロカちゃんの小学校の校長先生から
わが家に突然かかってきた電話がきっかけでした。

校長先生とはそれまでほとんどお話をしたことがなかったので
なんだろう?何かロカちゃんが問題でも起こしたかな?と
やや緊張しながら電話に出ました。
(いくつになっても、”校長先生”と話をするのは緊張するものですね…)

でも実際は、僕への依頼の電話でした。
内容は、まもなく卒業する6年生に
「仕事」について話をして欲しい、というもの。

なんでも、現在、三鷹市内の小学校では
子どもたちの職業意識を高めるために「キャリア教育」という授業枠があり、
特に6年生の子どもたちは、将来自分のなりたい職業を考え、
実際その職に就いている大人に話を聞くなどして調べて、
授業で発表しあってきているとのこと。

そのキャリア教育の授業のまとめとして、誰か身近な大人に学校に来てもらい
6年生全員の前で自分の職業について語ってもらおうと思っている、
それで岩井さんが適任ではないかと考えた、と言われました。

実は以前、PTAの委員の方に依頼されて、学校でお母さん向けに
わが家の子育てについて話をしたことがありました。
その中で、僕が小学校時代にやっていた工作やパラパラマンガが
自分の今の仕事の原点になっている、というような話をしたのですが、
それを校長先生が覚えていて、
その話をぜひ6年生にして欲しい、と言われました。

6年生の子どもたちは、中学受験で頭がいっぱいになっている子も多いけれど、
本当は、趣味や好きでやっていることがとても大事で
それが将来の仕事につながっていくかもしれない、というわけです。


僕は僕で、ちょうどロカちゃんの小学校で、
何か自分にもやれることはないだろうか、と考えていたところでした。

ロカちゃんが幼稚園のころは、僕もよく送り迎えに行っていて、
園内で先生たちとも交流でき、
自主的にちょっとしたイベントをやらせてもらったことがありました。

ロカちゃんが小学校に上がるとき、
小学校でも似たことができたらいいな、と漠然と思っていたのですが、
実際は小学校は規模もずっと大きくなり、
学校へ送っていっても校門の前でさようなら。
先生たちと雑談をするような機会もありませんでした。
また小学校内はある種の聖域のようなイメージがあって、
自分が手出しをできる雰囲気ではなかったので
勝手にあきらめていたところもありました。

そんな風に思っていたところに、校長先生からの依頼。
僕は、二つ返事で引き受けました。

もう10年前ですが、NHKの『課外授業ようこそ先輩』で
自分の母校の小学校の6年生相手に授業をやった時の
楽しい記憶が思い出された、というのもあります。

そして、実はその時の電話で、僕は自分からも逆に校長先生にお願いしました。

ロカちゃんのいる2年生でも
ワークショップ的な授業をやらせてもらえないか、と聞いてみたのです。

校長先生は、僕の申し出にちょっとびっくりしていましたが、
その後担任の先生と相談してくれて、やらせてもらえることになりました。
(ただし、やるならロカちゃんのいるクラスだけでなく、2年生2クラスとも
やって欲しい、と言われました)

こうして、昨年の2月中に、6年生と2年生向けの授業をやらせてもらいました。

6年生向けには話だけでなく、どうせやるなら、と
いろいろな作品や装置を持ち込んで、アニメーションや映像のしくみを
体験できる授業をやってみました。
校長先生のイメージは、トークだけの授業だったと思うのですが、
もちろんこれが子どもたちには大受け。
最初は「メディアアーティスト」って何だろう?という顔をしていた
子どもたちも、近所にあるジブリ美術館の展示や、
NHKの「いないいないばあっ!」のオープニング、ニンテンドーDSのソフトなどを
僕が手がけていることを知り、僕の仕事をリアルにわかってくれたようです。

また2年生では、リベットくんを作るワークショップ的な授業をやりました。
2クラスで80人近くいたので、全部で100個以上のリベットくんができ、
それを授業後にすべてコマ撮りしてアニメにするのがとても大変で、
お昼抜きでがんばって、その日の午後には上映会をやったのですが、
上映後に自然に子どもたちから「アンコール!アンコール!」の歓声が上がるほど
盛り上がりました。

この2つの授業は、僕にとって今まで遠い存在だった小学校が、
ぐっと身近に感じられた瞬間でした。

また、自分が20年以上かけて追求してきたメディアアートが、
こんな形で身近な子どもたちの役に立つ、ということが、
僕にとっても大きな発見であり、喜びでした。

この時の2つの授業があまりに楽しかったので、僕はその後、
校長先生に、可能なら次回は2年・6年だけでなく、
1年生から6年生まで全部の学年で授業をやってみたいと申し出たのです。
by iwaisanchi | 2009-02-12 22:39 | ◆このごろのいわいさんち
<< いよいよ今夜放送です! 2月15日(日)夜10時のET... >>


カテゴリ
人気ジャンル