いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
風船バスケ
ママとゆゆちゃんが買い物から帰ってきました。
帰ってきてすぐにゆゆちゃんが「ふーしぇん!ふーしぇん!」と言い出したので
何かと思ったら、いろいろな色の風船がはいったセット(ふくらんでいないものです)を
買ってきたとのこと。
f0118538_022040.jpg
ゆゆちゃんにせがまれて、
さっそく赤と白の風船2つを自転車の空気入れでふくらませました。
f0118538_022795.jpg
ゆゆちゃんは風船が大好きです。
子どもは誰でも風船好きだと思うのですが、ゆゆちゃんも本当に夢中になって遊びます。
形もかわいいけれど、あのふわ~っとした動きが面白いんでしょうね。
普通のボールよりも軽くて何かを倒したり壊す心配もないし
動きもゆっくりなうえに複雑なので、家の中で遊ぶのに風船はうってつけです。

しばらくパパはゆゆちゃんと風船でキャッチボールしたり、
風船をバレーボールのように跳ね返す遊びをしていたのですが、
さすがにパパはちょっと飽きてきました。
でも、ゆゆちゃんはまったく飽きず。
f0118538_023487.jpg
そこで、ゆゆちゃんひとりでも風船で遊べるようにできないかなーと考えて、
ダンボールを切り抜いて、こんなものを作ってみました。
f0118538_024192.jpg
どう使うかというと、こんな風にリビングの柱に取り付けて・・・
f0118538_024754.jpg
簡単バスケットゴールの出来上がり!
名づけて「風船バスケ」!
ゆゆちゃんも、すぐに遊び始めました。

やってみると、軽い風船はダンボールのへりのところに当たると
簡単に跳ね返ってしまって結構入れるのにコツがいります。
f0118538_025438.jpg
手が届く高さの時は、簡単だったのですが、
位置をずらしてちょっと高めにしたら、なかなかうまく入れられなくなったゆゆちゃん。
そのうち思いっきり背伸びをして、下から風船を穴に通しました。
なるほど、そういう遊び方もあるね!
f0118538_03231.jpg
それを見ていたロカちゃんが
「わたしもやる~」と言って割り込んできました。
でも「これひくくておもしろくない!もっとたかくしようよ~」と言って
さらに位置を上にずらしてしまいました。
ゆゆちゃんには、これはちょっと高すぎるね。
f0118538_03973.jpg
するとゆゆちゃん、イスをずるずるっと引っ張ってきて
その上に乗って風船をポンッ!
あったまいい!パパもロカちゃんも感心です。
f0118538_031653.jpg
ふふふ、じゃあもっと高くしちゃおうかな~
パパは、ためしに天井近くまで思いっきり高くしてみました。
f0118538_032236.jpg
それを見たゆゆちゃん、柱の上を指差して「パパ!パパ!」と不満そう。
f0118538_0330100.jpg
わかったよ~これでどう?
パパは、風船を持ったゆゆちゃんを持ち上げて・・・
f0118538_033786.jpg
ゴール!うまくはいりました!
ゆゆちゃんも満足そうです。
f0118538_034482.jpg
「わたしもやるよ!えいっ!」
ロカちゃんも一生懸命ジャンプしながら、シュート!
f0118538_035392.jpg
見事ゴール!

このあと、投げる位置を決めて10回シュートして入った回数を競ったり、
さらに高さをだんだん変えてみたり、ロカちゃんといろいろな遊び方を考えてみました。

風船とダンボール一枚だけで面白い遊びができたので大満足です!
by iwaisanchi | 2009-03-10 00:41 | ◆このごろのいわいさんち
<< 紙筒のベルトコンベヤー 第59回芸術選奨 文部科学大臣賞!? >>


カテゴリ
その他のジャンル