いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
風船バスケ発展形
先日ご紹介した風船バスケ。
f0118538_12312786.jpg
リビングの柱に、ダンボール板を一枚取り付けただけで
バスケットボールのように、風船を投げ入れる遊びができあがりました。
思いついてから、ものの5分くらいで作ったわりに、とても盛り上がったので、パパも大満足。

でも、それだけで終わらせたくないのがいわいさんち流。
こういうシンプルな手作り遊びは、さらに次を考えるのが面白いんです。

翌日になって、さあ、どうやったらもっと面白くなるかな・・・と
考えはじめたパパは、ふとまったく別なことを思いつきました。

それは、ロカちゃんにアイデアを考えてもらうこと!
ロカちゃんの発想力を試してみたくなったのです。

さっそくパパはロカちゃんに聞きました。

「ねえ、ロカちゃん。この風船バスケをもっと面白くするアイデアはないかな?
ちょっと考えてみてよ」

「え~きゅうにそんなこといわれても・・・」

ロカちゃんが考え込んでいる様子なので、パパは
「風船を入れるルールを考えるとか、ダンボールで何かつけたすとか、何でもいいんだよ」
と、アドバイスしました。
どんな答えが返ってくるか期待しながらも、内心ちょいと心配になったのです。

でも、こう言ってしまってから、
変にアドバイスをすることで、発想が狭まってもいけないなあ、とも思い直しました。
難しいですね。

そんな風にパパがあれこれ考えているうち、
思いついたらしく、ロカちゃんが言いました。

「せんぷうきで、したからかぜをおくったら、ふうせんがフワ~ッとかならないかな…」

おお~っ!
パパが思ってもみなかったアイデア!
「ロカちゃん、それ最高!やってみよう!」
f0118538_1314592.jpg
すぐに、リビングにいつも置いてあるサーキュレーター
(暖房や冷房でかたよった熱を攪拌したり、外の空気を取り入れたりするのに使っています)
を柱の下に上向きに置きました。
f0118538_1315628.jpg
さあ、スイッチオン!
どうなるかな?
f0118538_13151413.jpg
やった!
見事、風船が浮かび上がってちょうどダンボールの穴を通りぬけました!
うわ~っと歓声が上がります。
ゆゆちゃんも、風船が浮かんで大興奮!
f0118538_13152183.jpg
すぐに、ロカちゃんがもうひとつ風船を追加します。
f0118538_13152912.jpg
すると、ちゃんと風船は二つともきれいに空中に浮かびました!
f0118538_13153777.jpg
さらに、サーキュレーターの風力を強くしたら、
ロカちゃんの背よりも高く浮かび上がりました。
ロカちゃんも全身で踊るように喜んでます!

サーキュレーターは、風が直進するようにできているので
思いのほか、きれいにずっと風船が空中に浮かんでいます。

ヘリウムの入った風船と違って、家でふくらませた風船は
浮かび上がらないのが残念だなあ、と常々思っていたのですが
こんな方法があったとは・・・
空中にゆらゆら浮かぶ風船はやっぱり魅力的で
みんなで何度も何度も、下から風船を浮かばせて遊びました。

このあと、ゴールの高さを上の方にずらして
下から風船を飛ばしてゴールさせたりと、不思議な反重力風船バスケを楽しみました。

今回のロカちゃんのアイデア、100点満点です!
by iwaisanchi | 2009-03-14 13:38 | ◆このごろのいわいさんち
<< 本の雑誌 4月号 こども絵本座談会 織部賞 県民エディターインタビュー >>


カテゴリ
人気ジャンル