いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
本の雑誌 4月号 こども絵本座談会
f0118538_953697.jpg
偕成社の僕の担当さんから
「『本の雑誌』の今月号に面白い記事が載っていました。ぜひ読んでください!」と
連絡があって、さっそく本屋さんに買いにいってきました。
f0118538_9531440.jpg
その記事とは、巻頭の「絵本屋さん大賞をぼくらが読む!」という特集。
f0118538_9532013.jpg
どんな記事かというと、
今年頭に月刊MOE誌上で発表された「MOE絵本屋さん大賞」というのがあって
岩井パパの『100かいだてのいえ』も5位に選ばれたのですが、
大人(全国1000人の絵本屋さん)が選んだ、この「絵本屋さん大賞」を
子どもが選びなおす、というなかなか過激(笑)な記事なんです。
さすが「本の雑誌」。

実は、岩井パパもこの「絵本屋さん大賞」の結果を見たときの正直な印象は
『100かいだてのいえ』が5位に選ばれて、とてもうれしかった反面、上位に
大人っぽい絵本、お母さんが読んで感動しそうな絵本が多いなあ…だったので
その気持ちをまさに代弁してくれたかのようなこの記事には笑ってしまいました。

それで「本の雑誌」編集部に集まった、小1~小2の男の子2人と女の子1人が、
上位10作品を読んで、ランキングをつけなおした結果は・・・
f0118538_9532614.jpg
なんと3人とも、『100かいだてのいえ』が1位もしくは2位に!!

たった3人の子どもたちに読んでもらった結果なので、
これもかなり偏ってると思いますが、うれしい~~

記事には、選考後の子どもたちの座談会が載っているのですが
とっても鋭い意見ばかりで感心したり、ドキッとしたり。

MOE絵本屋さん大賞と、この「本の雑誌」の記事の2つがセットになったことで、
現在の日本の絵本という文化の立ち位置があぶりだされてくるようでとても面白かったです。

興味ある方は、見てみてくださいね。
by iwaisanchi | 2009-03-17 09:53 | ◆100かいだてのいえ
<< 春が来る 風船バスケ発展形 >>


カテゴリ
人気ジャンル