いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
『ビッグブック 100かいだてのいえ』が発売になりました!
先月紹介しました『ビッグブック 100かいだてのいえ』が、今週ついに発売となりました!
f0118538_8585247.jpg
たぶん、絵本史上これまでになかった?、
タテ1m16cm、ヨコ20cm、厚さ2cmの細長くて巨大な絵本です!
f0118538_2047487.jpg
なんといっても、立てたときに小さい子どもたちの背よりも高くなって
本当のタワーのように見えることが自慢です。
タテ開きをやめたことで自立するようになり、読み聞かせにも便利になりました。
f0118538_20471229.jpg
そして、僕自身びっくりしたのは、こんな風に昼から夜へと変化する空の色が
ものすごくきれいなグラデーションになって現れたこと!
実際のビッグブックができあがるまで、予想もしませんでした。
オブジェとして部屋にも置けそうなほどきれいです。

***

ちなみに、ビッグブック(大型絵本)は、
どれも基本的に幼稚園や小学校、図書館などに向けて販売されるもので
発行部数も少部数ということもあって、一般書店にはほとんど流通していません。
残念ながら、この『ビッグブック 100かいだてのいえ』も店頭には並ばないと思います。
(実物をご覧いただけないのが、とても残念です!)

ただ、偕成社に聞いたところ、もし個人で購入されたい場合は、
お近くの書店から注文していただければ買えるそうです。
その場合は、以下を書店にお伝えくださるとスムーズ、とのことでした。

書名:『ビッグブック 100かいだてのいえ』
出版社:偕成社 著者:岩井俊雄
ISBNコード: 978-4-03-331740-3 

価格は税込8400円です。
また、偕成社のHPからも購入できるようです。

あまりいらっしゃらないと思いますが(笑)万が一、買っちゃった!という方、
また今後、図書館などで見た!という方がいましたら、
初めて見たときの印象やお子さんの反応などを聞かせてくださいね。

P.S.
新作『ちか100かいだてのいえ』のほうなのですが、
発売日が10月末から少し遅れることになって、11月10日予定となりました。
いま、印刷屋さんが一生懸命刷ってくれています。
楽しみに待っていてくださった方、本当にすみません!
もう少しお待ちください~
by iwaisanchi | 2009-10-28 20:47 | ◆100かいだてのいえ
<< 今日の朝日新聞 マスキングテープで着せ替え遊び >>


カテゴリ
人気ジャンル