いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ついに到着!『ちか100かいだてのいえ』
ついに『ちか100かいだてのいえ』の完成品がわが家に到着しました!
10日にはリブロなど都内中心部の大手書店に配本されたそうなのですが
わが家には、一日遅れの昨日(11日)届きました。
f0118538_2237653.jpg
発売が十日ほど遅れてしまったこともあって、このところとてもやきもきしていましたが
ネットで見ると、楽天などの予約分も出荷されたようでようやくほっとしました。
予約で待ちくたびれてしまった方、本当にすみません。

今回、地下が舞台ということで、微妙な茶色など渋い色を多用したせいか
色校でなかなか思った通りの色が出ずに、何回もやり直すはめになってしまい
実はそのせいで遅れてしまったんです。

前作で、たくさんの方に色のきれいさをほめていただいたので
今回も色はどうしてもこだわりたいポイントのひとつでした。

ダメ出しを繰り返して、なんとか満足いくものにしたつもりです。
前作とは違った、地味で渋めの色彩を楽しんでいただけたらと思います。
f0118538_22371245.jpg
他にもいろいろ工夫した点を書きたいのですが、
まだご覧になっていない方が多いと思うので一つのみ。

この写真のように『ちか100かい』は、前作の『100かいだてのいえ』と綴じ方が上下逆になっているんです!

下へ降りていく感覚を出すために、本の上側を綴じてあります。
2冊とも持っている方は比べてみてください~
by iwaisanchi | 2009-11-12 22:37 | ◆100かいだてのいえ
<< 「みんなの100かいだてのいえ... パパのたんじょうび2009 >>


カテゴリ
人気ジャンル