いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
雑誌イラストレーションに特集されました!
玄光社の雑誌「イラストレーション」最新号に、岩井パパが個人特集されました!
f0118538_262642.jpg
なんと表紙+巻頭14ページの大特集です。
f0118538_21164.jpg
この号の特集テーマは「絵本に挑む」。
他ジャンルから絵本に挑戦した作家の特集です。
岩井パパは、その中のトップバッターに選ばれました。
f0118538_21741.jpg
『100かいだてのいえ』『ちか100かいだてのいえ』の原画紹介にはじまり、
f0118538_211373.jpg
絵本ができるまでのスケッチや技法を段階的に紹介するページ、
f0118538_211840.jpg
さらには小学校での特別授業のレポートや、わが家のおもちゃ、
f0118538_212348.jpg
最後は4ページのロングインタビュー、とぎっしりな内容です。

編集者の方の取材もすごく丁寧で、小学校の授業には何度も足を運んでくれ、
またインタビューやわが家での撮影は、2日間にわたって行われたので
こちらも、自然と話に熱がこもりました。
タイミング的にも、ちょうど吉祥寺美術館での展覧会の前とあって
展示の内容ともばっちりリンクしています。

個人的には、見本誌が届いて見てみたら、
漫画家の高野文子さんの前のページだったので感激しました!
高野文子さんといえば、岩井パパが学生時代の大スター。
そんな人を差し置いて、特集されていいのかなーと思ったり。

あと、自分の絵が雑誌の表紙を飾ったのもこれが生まれて初めて。
これまで、こうした絵の専門誌にはまったく縁がなかったので、不思議な気分です。
『100かいだてのいえ』以降、なんだか人生が変わってきました…(笑)

本屋さんで見てみてください!

詳しい内容はこちらからどうぞ。一部立ち読みも可能です。
by iwaisanchi | 2010-12-03 01:50 | ◆お知らせです!
<< 展覧会「『100かいだてのいえ... 展覧会をやります! >>


カテゴリ
その他のジャンル