いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ゆゆちゃんのキリン
ゆゆちゃんは、いま4歳。
昨年の春から幼稚園に行き始めた年少さんです。

ゆゆちゃんは、家の中ではとても活発でおしゃべりなのですが
一人でも知らない人がいると一言もしゃべらないくらい
静かになってしまいます。

幼稚園に通い始めたころは特に
なかなか先生やお友だちになじめず
お弁当をまったく食べずに帰ってくることもしばしば。

それでもさすがに2学期の頃には、ずいぶん
幼稚園でもゆゆちゃんらしさを発揮するようになってきたらしいのですが
冬休みが明けると、ゆゆちゃんはまた、幼稚園に行きたくない、と言い出したりして
パパやママを心配させていました。

ところが、最近こんなことがありました。
幼稚園の工作の部屋にあった細長い紙で
キリンがつくれることをゆゆちゃんは見つけました。
それを見ていたお友だち2人が、そのキリンいいな、つくりたい!と言い出して
ゆゆちゃんが2人に作り方を教えることになったそうなのです。

そのときの様子を、幼稚園の先生があとで教えてくれました。

「ゆゆちゃん、すごく大きな声で、
しっかりみんなにキリンの作り方を教えていたんですよ! 
あんなゆゆちゃんを見たのは初めてだったので驚きました。
よほど自信があったんでしょうね」

これがそのとき作ったキリンです。
f0118538_19203466.jpg
これ、パパが教えたわけではありません。
細長い紙をたまたま折り曲げたら、キリンの首のように見えたのでしょう。
顔や模様を描いて、だんだんキリンになっていったのが想像できます。

形はちょっと違うけれど、ふたつとも耳やたてがみや足、しっぽなど
しっかり同じ作り方をしているので、
それをお友だちに教えてあげたんですね。

次の日は、昨日のキリンを見た他のお友だちが次々と
ゆゆちゃんのところに「キリンのつくりかた、おしえて~」とやってきて、
合計10人くらいにキリンの作り方を教えたそうです。

その様子は、まるで先生のようにしっかりしてました、と
幼稚園の先生がまた喜んで教えてくれました。

そのエピソードを聞いて、パパとママは
作ったり、それを教えたりすることならしっかりできるなんて
やっぱりうちの子だねえ、と笑いながら、ちょっとホッとしたのでした。
by iwaisanchi | 2011-01-25 19:20 | ◆このごろのいわいさんち
<< 100かいだてのいえのひみつ展... 小鳥の季節 >>


カテゴリ
その他のジャンル