いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
おいでよ!絵本ミュージアム2011
f0118538_23375480.jpg
この夏、福岡アジア美術館で開催される「おいでよ!絵本ミュージアム2011」

声がかかるまで知らなかったのですが、
福岡では、夏の恒例行事となりつつある人気イベントだそうで、
過去の内容を聞くと、絵本をテーマとした展覧会やイベントとしては
国内最高レベルではないかな、というくらい充実しています。

そして今年の絵本ミュージアムは、偕成社の絵本を大特集。
岩井パパも、『100かいだてのいえ』関連の展示や
イベントや講演会で大活躍する予定です。

展示のほうは、吉祥寺美術館での展覧会の流れで
『100かいだてのいえ』、『ちか100かいだてのいえ』の原画展示やメイキングと
いわいさんちのおもちゃを紹介。
おふとんを使って作れる動物も何体か作って展示するつもりです。
中でも、『100かいだてのいえ』の一部を高さ5mの実物大?で再現したセットで
記念写真が取れるコーナーは、どんな風になるか僕もすごく楽しみです。

あと、来場者のみなさんがだれでも100かいだてのいえの絵を描いて
投稿できるコーナーも開設します。
アジア美術館の壁を、みんなの100かいだてのいえで埋めてしまいましょう!
(先日3日にプレイベントの100かいだてのいえをつくろうワークショップが無事終了。
とても盛り上がりました!できあがった作品も展示します!)

そして、29日のオープニングイベントでは楽しい企画を考え中。
30日の講演会は、『絵本でテレビやゲームを超える』と題して、
高校生以上を対象に、絵本や創作の秘密について語りたいと思います。

詳しくはこちらをご覧ください。
オープニングのあとにはサイン会も予定しています。

福岡周辺の方、見に来てくださいね!
by iwaisanchi | 2011-07-10 23:46 | ◆お知らせです!
<< 青山ブックセンターで佐藤卓さん... TENORI-ONがiPad/... >>


カテゴリ
人気ジャンル