いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
いわいさんちへようこそ!
わが家の本を紹介します。
まずは、『いわいさんちへようこそ!』
すべてはこの本から始まりました!
f0118538_1314147.jpg
(これはいつもわが家のリビングに置いてあるロカちゃんの本。しっかり名前が書いてあります。笑)

ロカちゃんが2才の終わりごろ、ようやくちょっと会話ができるようになった頃から
僕はロカちゃんのために、いろいろな手作りおもちゃを作り始めました。

作り始めてすぐに、自分の子どもにおもちゃを作ってあげる、という行為は
親から子への一方的なプレゼントでは終わらないことに気がつきました。

一つ作ると、すぐに子どもからは次のリクエストがやってきます。
それにすぐさま答えるのも大変ですが、そこはかわいいわが娘。
一生懸命作るうちに僕自身も、ロカちゃんとのキャッチボールが
ものすごく楽しくなってしまったのです。

さらに、自分が考え、作るおもちゃには、
自分の子どもを楽しませたい、という気持ちだけでなく
自分自身が子どもをどう導いていきたいか、が色濃く表れてくることがわかりました。
まさに自分の価値観や良心と向き合うこと、そのものだったのです。
それは、僕が自分の親やこれまでの人生からどんなことを学んだか、を
深く省みる作業でもありました。

そんな風にして、ロカちゃんと、そして自分自身と向き合って
作ったおもちゃや、遊び、わが家の工夫がたくさんたまっていって
いつしか、すごい数になりました。
そうしてこの本が生まれたのです。

この本には、だいたい3年分くらいの、僕がロカちゃんと
一緒に作ったおもちゃや遊びがつまっています。

この本が今年2月に出版されてから、僕のやってきたことに
シンパシーを持ってくれた人たちがたくさん現れ、
多くの雑誌やテレビの取材を受けました。
そしてネットを検索してみると、知らない人たちがわが家のおもちゃを
参考にいろいろなかたちで工夫しながら
子どもたちと遊んでくれているのに驚きました。
本当にうれしいことです。

それを見るうち、出版するのに時間がかかる本だけでなくて
もっとリアルタイムに、わが家でやっていることを紹介したり
みんなが集まれる場所ができないかな、と思い始めました。

このブログのオープンには、そんな気持ちを込めています。
by iwaisanchi | 2006-11-26 11:57 | ◆いわいさんちの本
<< わが家のアドヴェントカレンダー 今日は七五三 >>


カテゴリ
人気ジャンル