いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
わが家のアドヴェントカレンダー
12月が近づく頃、ロカちゃんと毎年買いにいくものがあります。
それは、アドヴェントカレンダーです。

アドヴェントカレンダーって知っていますか?
12月1日からクリスマスまで、毎日一つずつ
箱型のカレンダーの窓を開けると、中からチョコや
キャンディなどのお菓子や小さなおもちゃが出てくる、というものです。

いつもはなかなか起きられないのに、
このアドヴェントカレンダーがあると、毎朝一番に飛び起きて
真っ先にカレンダーを開けに行くロカちゃん。
それを見ていると、子どもにはこういう仕掛けが本当に魅力的なんだなあ、と思います。
僕だって子どもの頃にやりたかった…

そのアドヴェントカレンダーを、今年は
オリジナルで作りたい!と思ってスケッチを描いてみました。
f0118538_121327100.jpg
が、気がつけば、12月まであとたったの5日!
時間がなくなってきました。
今日これからさっそく始めようと思います。
中に何を入れるか考えるのも楽しいですね。
ただし、ロカちゃんに入れたものを見られないようにするのが至難の業かも…

あ、ロカちゃんも「パパとママにアドヴェントカレンダー作る!」と言い出しました(笑)
by iwaisanchi | 2006-11-26 12:56 | ◆このごろのいわいさんち
<< 感覚のリセット― [1] いわいさんちへようこそ! >>


カテゴリ
その他のジャンル