いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
わが家のアドヴェントカレンダー その2
さて、日曜日の午後、僕がアドヴェントカレンダーを作るぞ!と宣言したら、
ロカちゃんも、パパとママのを作る!と言い出しました(苦笑)

パパが何か面白そうなことを始めるときは、
ロカちゃんも必ず真似をしたがるのです。

じゃあ、どうやって作ろうか?箱が必要だね、と
家の中で使えそうな空き箱をふたりで物色しはじめました。
いくつか、手ごろな大きさの空き箱が見つかったのですが、
問題は同じものが2つないこと。

こういうとき、パパと同じ材料が使えないと
ロカちゃんは絶対に文句を言ったり、泣き出すことが
わかっているんです(苦笑)

それに、見つかった箱は、表面がツルツルしていて
すでにいろいろ印刷され、うまく絵が描けそうにありません。

どうしようかなー、と考えているときに
最近IKEAでチェストを買ったときのダンボール箱が
3つとってあったのを思い出しました。
IKEAのダンボールはほとんど印刷がされてなくて
薄手なので、工作にちょうどいいなあ、と残しておいたのでした。

ダンボール箱が3つあるのを見て、ロカちゃんは
わたし、パパとママに一つずつ作るね!と言いはじめました。
やれやれ…
f0118538_955369.jpg

とにかく、そのダンボール箱そのままでは大きすぎるので
一番大きい面から板を切り出して
そこからカレンダーにちょうどいい大きさの箱を作ることにしました。

次に、アドヴェントカレンダーの窓の部分がダンボールで
ちゃんと作れるか心配だったので、試してみることに。
やってみると薄手のダンボールなので、結構うまく開け閉めができます!
f0118538_1074535.jpg
ただ、中にお菓子などを入れるのに、窓の裏側には
何か箱のようなものをつけなければいけません。
とりあえず、厚紙で箱をつくって貼り付けてみましたが、
これを全部の窓につけるのはちょっと大変そうです…

一つのカレンダーに25個、もしロカちゃんが2つカレンダーを
作ったら合計75個!

あっ、そんなことを考えているうちに
待ちきれなくなったロカちゃんは、さっさと自分の分のダンボールと
えのぐを持って、自分の部屋に行ってしまいました。
どうなることやら…

(つづく)
by iwaisanchi | 2006-11-27 23:39 | ◆このごろのいわいさんち
<< わが家のアドヴェントカレンダー... 感覚のリセット― [1] >>


カテゴリ
人気ジャンル