いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
どっちがへん?
『みんなの「どっちがへん?」大賞』の募集に合わせて、
僕の初めての絵本、『どっちがへん?』をご紹介します。
f0118538_10282720.jpg
左右のページに似た絵が描いてあります。歌を歌いながら、ページをさっと開いて
子どもたちに変なほうの絵を当ててもらう、というちょっと変わった絵本です。
例えばこの表紙の絵。どっちが変かわかりますよね?

では、さっそくいくつかやってみましょう!

どっちがへん♪

どっちがへん♪

どっちが、どっちがへん♪

ピッ!(本を開きます)

f0118538_10444016.jpg
~さあ、どっち?

(子どもたちに左右のどちらかを指差してもらいます)

え、こっち?どうしてかな?ふんふん、そうそう、そうだよね~あったり~!

(という感じで、なぜそう思ったのかを聞くととても面白いです)


じゃあ、次いくよ~


どっちがへん♪

どっちがへん♪

どっちが、どっちがへん♪

ピッ!
f0118538_10394865.jpg
~さあ、どっち?

これはすぐわかったね!

じゃあ、次いくよ!


どっちがへん♪

どっちがへん♪

どっちが、どっちがへん♪

ハイ!
f0118538_10445072.jpg
~さあ、どっち?

ちょっとわからなかったでしょ?え、簡単だった?

じゃあ、もう一個。


どっちがへん♪

どっちがへん♪

どっちが、どっちがへん♪

ヨッ!
f0118538_1040846.jpg
~さあ、どっち?


…というふうに遊べる絵本です。

文字のない分、子どもたちから、どう思ったのかを聞き出すと、
とっても面白い答えが返ってくるはずです。
特に対象年齢を決めてはいませんが、僕の経験では
3才から6才くらいが一番盛り上がりました。
でもさらに上の子でも楽しめるはずです。

いかがでしょう?

こんな感じの2枚の面白い絵を子どもたちに考えてもらいたいな、と思っています!
by iwaisanchi | 2006-12-09 10:59 | ◆どっちがへん?
<< 12月8日のアドヴェントカレンダー みんなの「どっちがへん?」、大... >>


カテゴリ
その他のジャンル