いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ロカちゃんのおはなし会
今日、パパが自分の部屋で仕事をしていたら、
ロカちゃんがそっとこんな紙を置いていきました。
f0118538_031633.jpg
「ねるへやで おはなしかいをします きて!」

また何か始めたな~と思って寝室に行くと、
さっきの紙切れはチケットだったらしく、
部屋の入口で待っていたロカちゃんが
紙の裏側に書いてあった四角にポン!とスタンプを押してくれました(笑)

そして、始まったのは絵本の朗読会です。
小学1年生になったロカちゃんは、2学期から音読の練習をやっていて
このところぐんぐんと音読がうまくなっています。
そして学校では、月に2回、下校の前に「おはなし会」といって
ボランティアのお母さんたちが絵本の読みきかせをやってくれる日があるので
たぶんそれを真似したかったのでしょう。

見ると絵本が9冊も積んであったので、
どれを読んで欲しいかこちらが選ぶのかな、と思ったら
ロカちゃんは全部読んでくれるつもりでした…やるき満々です(苦笑)

さすがに9冊は時間かかるなーと思い、交渉の結果
最近ロカちゃんがママと買ってきたペネロペの絵本を読んでもらうことにしました。
それでも6冊です!

ちょっとたどたどしくも、本をこちらに向けて
さかさまの方向から一生懸命読んでくれる姿は、なかなか感動的でもありました。
ずっとこれまで絵本や童話の読み聞かせをしてあげてきた娘が、
今度はパパに読み聞かせをしてくれているのですから。

夜寝る前に、ロカちゃんはまたテーブルに紙切れを置いていきました。
f0118538_0311227.jpg

「こんどの おはなしかいは あしたよる。 くるじかんわ ごはんまえ」

これからしばらくこれが続きそうです…。
by iwaisanchi | 2006-12-14 23:52 | ◆このごろのいわいさんち
<< ナリちゃん サンタクロースのアシスタントさん >>


カテゴリ
人気ジャンル