いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
クリスマスのリベットくん
アドヴェントカレンダーの中に入れたリベットくんのお話、いかがでしたか?
クリスマスの25日に完結していたのですが、
写真を撮ったり、まとめたりしているうちに
掲載するのがずいぶん遅くなってしまいました。

最初、お菓子とメダル以外に、たまに何か別なものが
アドヴェントカレンダーから出てきたらいいかなあ、くらいに思っていたのですが、
一度サンタクロースの人形を作って入れたら
ロカちゃんの反応がすごくよかったので、こちらも気をよくして
その日の夜にサンタ手帳とトナカイベルを作って入れたのが運のつきでした。

それからというもの、ロカちゃんが寝静まってから新しいリベットくんを作っては、
こっそりアドヴェントカレンダーの窓に入れる毎日となってしまいました。
あー大変でした!
f0118538_19121038.jpg
でも、出てきたリベットくんでロカちゃんと遊んでいると
不思議なことに、どんどんと次のお話の展開が思いついて
こちらも作りたくなってしまうんです。
f0118538_19121733.jpg
結局、最初は考えもしなかったナリちゃんや雪だるまたちが登場するお話になりました。
そして、そのお話も今回掲載したのがすべてというわけではなく、
人形を自由に組み合わせたり、動かして遊んでいるうちに
どんどんと別のサイドストーリーが生まれてくるんです。
そこが、リベットくんの面白いところです。
f0118538_17112513.jpg
これが今回作ったリベットくん全部です。
我ながら結構たくさん作りました!
大変だったけど、楽しかった!

ところで、24日のイブの夜、いつまでも起きているロカちゃんを早く寝かせようと、
「早く寝ないとサンタさんと会っちゃうよ!」と言ったのですが、
その時にふと、「ナリちゃんも一緒にいたらどうする?」と聞いてみました。

そんなことを聞かれて、急にリアルな想像が膨らんだのか、
キャハハ!と笑った後、ロカちゃんはこう答えました。
「おんなじ顔でこんばんは!だね!」

ロカちゃんのその答えを聞いた瞬間、
僕自身もなんだかナリちゃんが本当にいそうな気がして
とても不思議な気分になったのでした。

頭の中にしかなかった空想が、リアルな世界に顔を出す。
クリスマスの一番の魅力とは、そういうところなのかもしれません。
by iwaisanchi | 2006-12-30 05:53 | ◆このごろのいわいさんち
<< 2007年がはじまりました! ナリちゃんへのプレゼント >>


カテゴリ
その他のジャンル