いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ブランコとなわばしご
昨年、わが家の地下の内装工事をしたとき、
工作部屋の天井には、重いものも吊るすことができるような
ネジ穴を開けておいてもらいました。
家の中に、子どもが遊べる仕掛けを作りたかったんです。

そして、早速作ったのがこれ。
f0118538_1985924.jpg
ブランコです!
これは、予想以上にものすごくロカちゃんが喜びました。
f0118538_20404098.jpg
実はロカちゃんは、あまりブランコが好きじゃなかったのです。
公園のブランコで、激しく揺らして乗っている子を見たりして
ブランコは危なっかしいもの、というイメージがついていたらしいんですね。
公園に遊びに行っても、ブランコではほとんど遊びませんでした。

それが、家の中にブランコができたとたん、大喜びで乗りまくりです!
公園のブランコは鉄製で無骨ですが、わが家のは、綿のロープに木の板。
優しいイメージがよかったのかもしれません。
自分の家の中で、誰にも気がねなく思いっきり遊べる安心感もあって
急に楽しめるようになったみたいです。

そのうち、公園のブランコも平気で乗れるようになりました。


さて、そのブランコを作ってから半年くらい経ったので
そろそろ別の遊びにしようかな、と
今度は、なわばしごのようにしてみました。
f0118538_17165767.jpg
ブランコのロープをそのまま流用し、
そのロープを以前ゴミの日に道で拾った紙パイプに通して作りました。
f0118538_1717468.jpg
たった4段のはしごですが、登り始めると揺れるし、
上まで登るのは結構大変です。
f0118538_17171120.jpg
ブランコとは遊び方がまったく違うので、ロカちゃんも楽しそうです。
これは、体力もバランス感覚も養われそうですね。
f0118538_17171644.jpg
いまのところ、ロカちゃんが自力で登れるのはここまで。
そのうち一番上まで登れるようになるでしょうか?
by iwaisanchi | 2007-01-06 19:09 | ◆このごろのいわいさんち
<< 見上げるモビール その1 3ヶ月 >>


カテゴリ
その他のジャンル