いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
見上げるモビール その1
ロカちゃんが生まれた時に、友人からお祝いにもらったモビールがありました。

そのモビールを、ママがひさびさに押入れから出してきて寝室に吊るしたら、
ゆゆちゃんがとても喜んで見ているので、
どうせならオリジナルで!と、ゆゆちゃん用のモビールを作るのを思い立ちました。

ただし、普通のモビールは、縦方向に人形などがぶら下がっていて、
下に寝転んでいる赤ちゃんからは、うまく見えません。

なので、ゆゆちゃん用のオリジナルモビールは、
下からよく見える ”見上げるモビール” にしよう!と考えました。
f0118538_13554051.jpg
まず、吊るすものをどんな形にするか考えます。
ゆゆちゃんを観察していると、モビールがくるくると回るときに結構反応しているので、
円を基本に、回りやすい形をいくつか吊り下げることにしました。
ダンボールにコンパスで円を描いてから、鉛筆で下書きします。
(ダンボールはクリスマスツリーを作った時の余りです)
f0118538_13554687.jpg
その上を、ダーマトグラフで輪郭をしっかり描いていきます。

ダーマトグラフというのは、色鉛筆みたいなものですが、
芯が柔らかくてちょうど色鉛筆とクレヨンの中間くらいの感じのものです。
ダンボールの上にも描きやすいので、気に入って使っています。
油性で、えのぐをはじくので、色をつける時にも便利なんです。
f0118538_13561055.jpg
輪郭を描き終わったあたりで、ロカちゃんが何をやっているのか見に来ました。
色塗りしたい!と言うので手伝ってもらいます。
塗る色はロカちゃんまかせ。
ロカちゃんは色のセンスがいいので、配色は心配ないのですが
いい気になってパレットにえのぐを出しすぎるのが困りものです。
f0118538_13563677.jpg
色塗りがだいたい終わったところで、ママが見にきて「太陽が大きすぎない?」と一言。
いやいや、ちゃんと考えがあるのです!
(つづく)
by iwaisanchi | 2007-01-07 13:56 | ◆このごろのいわいさんち
<< 見上げるモビール その2 ブランコとなわばしご >>


カテゴリ
人気ジャンル