いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
見上げるモビール その2
見上げるモビール製作の続きです。

色を塗ったら、次はダンボールを切り抜きます。
ハサミとカッターを使い分けて切り抜いていくのですが、ここは手間がかかりました。
ダンボールは工作にとてもいい素材だと思うのですが、
こういう細かい曲線を切り抜くのは結構大変です。
f0118538_22223243.jpg
そして、切り抜いたあと、裏面にも同じように絵を描いて、色を塗りました。
下から見るモビールとはいえ、部屋に飾るものなので
裏面にも絵がないと味気ないんですよね。
f0118538_22223871.jpg
そして、中心に千枚通しで穴を開け、ヒモを通します。
f0118538_22224422.jpg
ヒモを持って下げてみると、うまくバランスよく水平を保っています。
手で回してみたらきれいに回りました!
f0118538_22493424.jpg
さて、いよいよ部屋に吊るします。
これは、わが家のリビングの天井なのですが、
こんな風に壁と壁をつなぐななめの梁があるので
そこに細長い木の棒を取り付けて、その先に吊ることにしました。
f0118538_22493965.jpg
モビールのてっぺんには先ほどの太陽をつけました。
そうなんです。
こういう風に一番上につけたかったので、太陽を大きく作ったのでした。
f0118538_22494587.jpg
そして、太陽の中心から下がったヒモに木の丸棒をつけ、
そこからさらに他の絵をバランスよくぶら下げていきます。
完成です!
f0118538_22495568.jpg
下から見上げてみました。なかなかいい感じです!
3ヶ月の赤ちゃんに実際どう見えるのかはわかりませんが
僕らが見ても、きれいだったり面白いことが大事かな、と思います。

それと、一番下から太陽までかなり高さがあるので、
その奥行きのある空間を、目を使って楽しんでくれたらいいなあと思っています。

(つづく)
by iwaisanchi | 2007-01-07 22:23 | ◆このごろのいわいさんち
<< 見上げるモビール その3 見上げるモビール その1 >>


カテゴリ
人気ジャンル