いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ゆゆちゃんのお食いぞめ
1月11日は、ゆゆちゃんが生まれて100日め。
お食い初めの日でした。
f0118538_0204661.jpg
吉祥寺のハモニカ横丁の魚屋さんで鯛を買ってきたママが、
こんな不思議な焼き方をしていました。
半分に切った大根で、焼き網の上に鯛が浮かんでいます。
鯛を買う時に、こういう焼き方をするとうまく焼けるよ!と
魚屋のおばさんに教えてもらったそうです。
f0118538_0205499.jpg
ママがゆゆちゃんの口にお赤飯や、煮物をそっと触らせます。
歯が丈夫になるように、と小石も。さすがにゆゆちゃんもなんだろう?という表情。
続いて、ロカちゃんも面白がってゆゆちゃんに食べさせるまねをさせます。
6年前には、ロカちゃんにも同じようにお食い初めをしたんだなあ、と思うと
時の流れの速さをしみじみ感じます。

自分の記憶にはまったく残っていないけれど、
たぶん僕もはるか昔、両親にこんな風にお食い初めをやってもらったのでしょう。

そして、ママも、僕の姉たちも、さらには僕らの両親も
もっと昔のご先祖さまたちも、みんなみんな
一生食べて行けるように、との親の願いとともに
お食い初めをしてもらったんだろうな、と想像して、ちょっと胸が熱くなりました。

昔から続いている子どもの儀式には、
そんな親の愛情がいっぱいつまっている。
自分が親になって初めてわかったことのひとつです。
by iwaisanchi | 2007-01-13 00:20 | ◆このごろのいわいさんち
<< もくじを作りました! かがみもちの発見 >>


カテゴリ
人気ジャンル