いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
なわばしごのてっぺんへ
今日の夕方、近所に住むロカちゃんの同級生の女の子が遊びに来ました。

いろんな遊びをした後、みんなで地下のなわばしごへ。

最初はロカちゃんもその女の子も、なわばしごの途中までしか登れず、
「一番てっぺんまで登ろうよ!」と言っても
「やだー、怖いよー」と登ろうとしません。

「落ちそうになったら絶対にパパが助けるから!」となんとか説得したところ
ふたりともしぶしぶ挑戦しはじめました。

最初は恐る恐るのふたり。パパも後ろから少し手伝います。
そのうちひとりが、一番上の段に片足をかけるところまでできると、
もうひとりも、同じところまでやりたくてがんばります。

そして、何度も交代で挑戦するうち、ついにロカちゃんがてっぺんに座りました。
すると、相手の女の子もいっきにテンションが上がって、同じようにてっぺんまで!

一度できてしまうと、急に何でもなくなってしまうのが
子どもたちの面白いところ。
その後は、ふたりともが「わたしが登りたーい!」と
順番を争っては一番上まで次々と登っていました。
(降りるときはパパの肩車を使います)
f0118538_21161355.jpg
ロカちゃんもこの通りVサイン!ニコニコです。
やったね!
by iwaisanchi | 2007-01-23 21:16 | ◆このごろのいわいさんち
<< ロカちゃんのモバイル工作 わが家の「つくる」道具 ~クラ... >>


カテゴリ
その他のジャンル