いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ロカちゃんの紙芝居
コピー用紙と並んで、わが家でお絵かきや工作に
すごく活躍している紙があります。
それは、ハガキサイズの試し用プリンター用紙。
年賀状なんかの印刷の試し用に売られているもので、
安くて、コピー用紙よりもしっかりした厚みのある紙なので重宝しています。

500枚入りのボックスを買うのですが、僕とロカちゃんで
結構すぐに使ってしまい、もういま3箱めくらいでしょうか。

さてそのハガキサイズの紙で、ロカちゃんが最近作ったのは、小さな紙芝居です。
f0118538_2223992.jpg
きっかけは、カフェでその紙を使ってパパと一緒にらくがきをしている時。
ネコとネズミの絵を描いたロカちゃんは、急にそれを紙芝居にすることを思いついたようです。
f0118538_2224564.jpg
それから何枚も絵を描いて、結構長いお話を書き上げました。
f0118538_2225163.jpg

これが完成した「ともだちのねことねずみ」の紙芝居です。
枠はロカちゃんに頼まれて、ダンボールでパパが作りました。
f0118538_2225782.jpg
さっそくパパとママに読んでくれるロカちゃん。
f0118538_223355.jpg
出会ったねずみとねこが結婚して子どもが生まれて・・・という大胆なお話でした!(笑)
f0118538_223848.jpg
日曜日は、友人を呼んでわが家でパーティをやることになっていたので
ロカちゃんも自作の紙芝居を見せる!とはりきっていました。
これは、ロカちゃんの部屋で紙芝居をやるよ!という案内板。
f0118538_2231443.jpg
そして、こっちは紙芝居をやる場所の地図とチケットです。

でも、たくさんお客さんが来たら、ちょっと人前でやるのが
恥ずかしくなってしまったようで、結局パパが代わりに紙芝居を読んだのでした(苦笑)
by iwaisanchi | 2007-02-11 23:23 | ◆このごろのいわいさんち
<< 砂絵に挑戦 コピー用紙でつくる~船 >>


カテゴリ
その他のジャンル