いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
わが家の雛人形
わが家の雛人形をご紹介します!
f0118538_149774.jpg
これが、毎年飾っている、わが家の雛人形です。
ロカちゃんが1歳になる直前に作ったものです。

ロカちゃんは2月末生まれだったので、生まれてすぐに桃の節句を迎えたのですが
その時は、産院から退院してほんの1日か2日後で、雛人形を用意する余裕もなく、
仕方なくパパが、お雛さまの絵を描いて飾りました。
パパとママの似顔のお内裏さまとお雛さまの間に、赤ちゃんが生まれた絵でした。

そして、一年経ってロカちゃんが1歳になる前に作ったのが、この雛人形です。

当時、雛人形を買うべきかどうか、ものすごく悩み、
何度もデパートの雛人形売り場などを見に行ったのですが、
とても値段が高い割に気に入るものがなかったのと、
狭いわが家に置く場所も、しまう場所もなかったので、
それなら小さくても心のこもったものを、ということで作ることにしました。

当時(6年前)の製作中の写真があったのでご紹介します。
(日付は2001年2月18日)
f0118538_23512321.jpg
オーブンで焼くと固まるスーパースカルピーという粘土で形をつくり
f0118538_23512996.jpg
その上にアクリル絵の具で白の下地を塗ったあとに色をつけ、顔などを描きました。
f0118538_2351359.jpg
右下に写っているのは、作る前に描いたスケッチです。

お雛さまが乗っている台は、版画を彫るハガキサイズの板に
千代紙を貼って作りました。
金屏風は、ボール紙に金紙を貼って、黒いテープで縁取りをしたもの。
ぼんぼりは自作ではなく、知り合いからもらった人形についていたものです。

思い返せば、いまのわが家の手作りスピリットのはじまりは
ロカちゃんが生まれた時に、「雛人形をどうしよう?」と考えに考えて、
結局自分たちで作ることに決めた、その時だったのです。
by iwaisanchi | 2007-02-18 22:09 | ◆このごろのいわいさんち
<< 新しいおひなさまを作る その1 わが家の「つくる」道具 ~一番... >>


カテゴリ
その他のジャンル