いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
新しいおひなさまを作る その4
ロカちゃんに先を越されて、お雛さまの絵を描かれてしまいました・・・
でも、見ればとてもかわいく描けています。
体がゆがんだり、絵が外側の木の輪郭に合ってないところも愛嬌です。
ちょっとくやしいけど、直さずに、そのまま採用することにしましょう。

もともと、今回はロカちゃんと一緒にお雛さまを作ろうと思っていたので
ある意味、自然に合作となったわけです。

さて、それで、色を何で塗ろうかと思ったのですが、
最近アクリル絵の具は使ってないし、まあ後でニスでも塗ればいいか、と
いつも使っている水彩絵の具で塗ってみることにしました。

余った木片に試しに塗ってみると、木目も透けて見えていい感じです。
f0118538_20531072.jpg
ロカちゃんの鉛筆の線になるべく忠実に塗り、
着物の縁の部分などは多少パパのアレンジを加えました。
f0118538_20531555.jpg
顔だけは、細かいのでマーカーで線を入れます。
これもロカちゃんの鉛筆の線どおりです。
f0118538_20532096.jpg
色を塗ったら、なかなかかわいくなりました!

元々は、切り抜いた形いっぱいに絵を描いて色を塗るつもりだったのですが、
ロカちゃんの描いた線どおりに塗ったら、まわりの余白部分の木が
予想以上にいい感じになりました。
f0118538_20532656.jpg
ちなみにロカちゃんは、ちゃんと後姿も描いていたので
裏側も塗ってあります。
by iwaisanchi | 2007-02-22 22:45 | ◆このごろのいわいさんち
<< 桃の花の窓飾り 新しいおひなさまを作る その3 >>


カテゴリ
人気ジャンル