いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
新しいおひなさまを作る その5
ロカちゃんの誕生日があったので中断してしまったのですが、
「新しいおひなさまを作る」の続きです。

パパとロカちゃんとの合作で出来た新しいお雛さまとお内裏さま。
かわいいのができたので、もっと作りたいね、と続きを作り始めました。
お雛さまとお内裏さまの次といえば、三人官女ですね!

さてここで、せっかくなので、わが家でどんな風に
作っているのかを、ちょっと詳しくご紹介しておきましょう。
f0118538_9351692.jpg
材料は厚さ2センチちょっとの木の板です。
この板は、大工のおじいちゃん(ママの父親)にもらったもの。たぶんケヤキ?
『いわいさんちへようこそ!』にも載せたのですが、
もともとわが家を建てたときに余った木材で、ロカちゃん用のおもちゃを
パパが作り始めたのを見て、大工のおじいちゃんが以前いろいろな種類の板をくれたのでした。
今回お雛さまに使った板は、その中にあった一枚です。

さてその板に、お雛さまとのサイズのバランスを考えながら
えんぴつでだいたいの三人官女の形を描きます。
横幅が少し余ったので、ついでにぼんぼりも作ることにしました。
f0118538_9324326.jpg
それを電動糸ノコで切り抜きます。
木が固いので、ちょっとここが大変です。

ところで、この電動糸ノコは、友人から譲り受けた古いもの。
(その友人もホームセンターで8千円くらいで買ったらしい)
電動糸ノコを置いている台も、パパが学生時代に拾った古い木の学習机なので
材料といい、道具といい、わが家の工作はつくづく安上がりです(笑)
f0118538_9325047.jpg
なんとか切り抜きました!
そのままでは、切った端がささくれているので
ヤスリや、サンドペーパーできれいに仕上げます。

最後に水を含ませたぞうきんで、木屑や粉を拭きとって乾かし、
下書きの線を消しゴムできれいに消したら、ロカちゃんへー
f0118538_9325661.jpg
ちょっと見えにくいですが、ロカちゃんがえんぴつでしっかり絵を描いてくれました。

三人官女って、左右の2人が立ち姿で、中央は座っているんですね。
そこまで気にして見たことがなかったので、やっぱり自分で作ると発見があります。
by iwaisanchi | 2007-03-01 22:32 | ◆このごろのいわいさんち
<< 新しいおひなさまを作る その6 ロカちゃん7才の誕生日 その4 >>


カテゴリ
その他のジャンル