いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
新しいおひなさまを作る その8
3月3日まで残りわずかです。
五人囃子まではできたのですが、これ以上は作れそうにありません。

ロカちゃんに「ひなまつりまでに、もう間に合わないねー」と言ったら、
「ひなまつりが終わってもまた作ればいいじゃない!来年もあるんだしー」と意外にも気楽な答え。
確かにその通り! じゃあ、今年はここまででいいかなあ、と思い直しました。
そのほうが、ちょっとずつ作り足す楽しみもできます。

でも、作った人形を飾る、ひな壇くらい欲しいものです。
せっかくだから、この先を見越して7段飾り用のひな壇を作ってしまいましょう!
ひな壇があれば、残りの雛人形もちゃんと作る気がでそうです。

まず、これまで作った雛人形に合わせると、7段飾り用のひな壇が
どんな大きさになるか、簡単な設計図を描いてみました。
あまり大きくすると飾る場所も取るし、
幅をギリギリ30センチにして、一段分の奥行きを5センチにすると
縦横45センチのひな壇になってちょうどよさそうです。
f0118538_14552467.jpg
家にある木材ではそのサイズに合うものがなかったので、
急いでシナベニヤなどの板を買ってきました。

シナベニヤを切るのに、ノコギリだと切り口がきれいにならないと思ったので、
大型のカッターナイフで何度も切り込みを入れて、
なんとか階段状に切り離しました。
f0118538_1455303.jpg
ひな壇を安定させるために、一番下にはちょっと重めの土台が必要そうです。
そのために、家にあったヒノキの板で箱を作りました。
あとでこの中に人形などをしまえたら便利だろうな、という計算もあります。
f0118538_14553693.jpg
階段状に切ったシナベニヤを箱の左右にネジ止めし、
f0118538_14554232.jpg
横板を乗せて、ひな壇の基本形が完成しました!
by iwaisanchi | 2007-03-02 22:54 | ◆このごろのいわいさんち
<< 新しいおひなさまを作る その9 新しいおひなさまを作る その7 >>


カテゴリ
その他のジャンル