いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
終業式の朝
3月22日、この日は小学校の終業式。
今日でロカちゃんの小学校生活、最初の一年も終わりです。
f0118538_10511730.jpg
1年生のトレードマークだった黄色い帽子や、
ランドセルの黄色いカバーとも今日でさようなら。
本当にあっというまの一年でした。

ゆゆちゃんが生まれてからのこの半年は、
ほとんど毎日パパがロカちゃんを学校に送っていたので、
それも終わりかと思うとちょっと寂しいです。
(特に決まりではないのですが、2年生になっても
親が学校まで送っていく子どもはいないみたいなのです)

僕が送り始めた当初は、他の子どもたちのお母さんも
学校まで来ていたのですが、だんだん任されるようになって、
多い時は4~5人の一年生の子どもたちと一緒に学校まで行っていました。
僕もとても早起きになったし、何より歩きながら子どもたちと
いろいろな話をしたり、新しい遊びを考えたりがとても楽しかったのです。

先日、その子たちに「みんなが2年生になったら、
一緒に学校に行けなくなるから残念だなあ!」と言ったら、
みんな口々に「えーっ、来て欲しいなー」「こっそり途中まで来ればいいよ!」と
言ってくれました。パパ冥利につきますね(泣)

ロカちゃんも、内心パパにはもっと来て欲しいけど
でもちょっと恥ずかしいから、という気持ちもあって、複雑なようです。
こうしてちょっとずつ、子どもは親から、親は子どもから自立して
いくんでしょうね。
by iwaisanchi | 2007-03-22 22:50 | ◆このごろのいわいさんち
<< ニューロンの回廊~潜在脳力の開... 最近載った雑誌 その6 ~ リ... >>


カテゴリ
その他のジャンル