いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
○○ゲームを拾う
先日のこと。
ロカちゃんを学校に送っていった帰り道に
いつも通るマンション横のごみ置き場に、ボードゲームのようなものが
捨ててありました。きれいそうだったので、拾ってみたら
超有名ボードゲームのゲーム盤でした。

ゲームをやるための付属品はないし、一部壊れていたのですが
ロカちゃんとの遊びの参考になるかも!と思って
少しあたりの目を気にしながら(苦笑)拾って帰りました。

午後になって帰ってきたロカちゃんは、すぐに
「パパ! なーにこれ!?」とそのゲーム盤を見つけました。
どういうゲームなのか説明すると
案の定「やりたい!やりたい!」と騒ぎはじめたので、困ったなあ・・と
思ったのですが、自分たちで付属品を作ったら、面白いかも!と思い直しました。

それでロカちゃんと一緒に作ったのがこれです。
f0118538_1365592.jpg
もう何のゲームなのか、わかりましたよね?(笑)
そしてさらに、作ったのはこれ。
f0118538_137186.jpg
ペンギンさんたちの絵のお金です。
これはPCでデザインしたものを、プリントアウトして作りました。
(お金の種類や枚数などは、元がわからなかったので適当です)

パパは、子どもの頃、このゲームを友だちの家で一度やったきりで
ルールをほとんど覚えてなかったのですが、
ネットで検索したら遊び方も載っていました。

難しいルールは抜きにして、ロカちゃんとさっそく
遊んでみたのですが、とても面白かったです。
やっぱり歴史のある人気ゲームはよくできているなあ、と
感心したのでした。
by iwaisanchi | 2007-04-10 22:07 | ◆このごろのいわいさんち
<< ゆゆちゃんカメラ 春の庭 >>


カテゴリ
人気ジャンル