いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ロカちゃんのレインコート その2
パパが考えたロカちゃんのレインコート。
これ、実は超撥水繊維という新素材の布で出来ているんです。
f0118538_1354939.jpg
超撥水(ちょうはっすい)というのは、布自体が水を完全にはじく、ということ。
布の表面に水をこぼしても、サトイモやハスの葉っぱのように
水が玉になってコロコロところがり落ちます。
それでいて空気はちゃんと普通に通すんです。

そんな布があるというのを知って、雨粒を手元でコロコロころがして
遊べるレインコートがあったら楽しいなあ、と思いつきました。
f0118538_1355444.jpg
レインコートは2重になっていて、
上からかぶるポンチョの部分に雨をためて遊べるようになっています。
f0118538_1355950.jpg
さらにその部分には、特殊な刺繍がしてあります。
同心円状に細かい糸がブラシのように立っていて、円の中に雨をためたり、
逃がしたりして遊べる仕掛けです。
この円のパターンは、雨が水たまりに落ちた時の波紋をイメージしました。
f0118538_136418.jpg
この特殊な刺繍も、あるメーカーが開発した新しい技術で、
糸自体も超撥水で水をはじきます。


さて、このレインコートは来週4月26日から4日間だけ
東京の青山スパイラルで開催されるTokyoFiber07という展覧会のために作りました。

日本の新しいハイテク繊維を、いろいろなアーティストやデザイナー、
メーカーが使って作品化し、これまでになかった繊維の可能性を探る、という展覧会です。

もともと、日本の新しい繊維のすごさを内外にアピールするために企画されたもので
展覧会ディレクターであるデザイナーの原研哉さんからお誘いを受けました。
東京展のあと、パリに巡回します。

他の出品者の方々の作品もユニークで面白そうです。
短い会期ですが、よかったら見に来てください。

詳しい情報はこちらから。

(ちなみに、このレインコートとブーツ、展覧会のためだけに
制作したものなので残念ながら販売の予定などはないんです。念のため。)
by iwaisanchi | 2007-04-21 13:12 | ◆このごろのいわいさんち
<< ごぶさたしました! ロカちゃんのレインコート >>


カテゴリ
人気ジャンル