いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
『いわいさんちの リベットくん』
こんど出る新しい本『いわいさんちの リベットくん』についてご紹介します!
f0118538_3475862.jpg
実は、昨年出版した『いわいさんちへようこそ!』以前から
「リベットくん」の本を出したいと思っていたのですが
ついにその長年の夢がかないます!

もともと、『いわいさんちへようこそ!』の中でも
とりわけリベットくんの評判がよく、友人たちが真似してくれたり、
ネットで検索してみると、知らない方までもが本を見て、
たくさん作ってくれているのがわかって、とてもうれしかったこと、
そして、この「いわいさんちweb」で、新しいリベットくんの
紹介をするたびに、みなさんの反応がすごくよかったことが
リベットくんの本を作ろう、という原動力になりました。

リベットくんがこの春にNHK教育『いないいないばぁっ!』の
オープニングアニメーションになったことも大きな後押しとなりました。


さて、その『いわいさんちの リベットくん』、ちょっと
普通の本とは違うので、そのあたりを今回ご紹介したいと思います。
(まだ実物はできていないので、試作品を撮影しました。色味などが少し違います)

まず、実はこの本、オビの色が違うものが、2種類本屋さんに並びます。
f0118538_2572479.jpg
左側の、オビがオレンジのほうは、普通に本のみ。
そして右側の白っぽいオビのほうは、キットがついているんです!

リベットくんを簡単に作れるキット。これをやりたかったんですよね!

やはり、作り方を本にしただけだとリアリティがないし、
せっかく紙のおもちゃなので実物を本につけたかったんです。
キット付はその分、ちょっと値段高めですが、両方選べるようにしました。
(本のみ1365円、キット付1890円です)

さて、今回初回限定で作ったそのキット付のほうですが…
f0118538_314016.jpg
こんな風に本と同サイズの紙箱がついてます。
(お店では、本と一緒にシュリンクされてると思います)
f0118538_324762.jpg
箱の中身は、こんな感じ。カードが5枚入っています。
f0118538_3133950.jpg
5枚のうち、4枚はおなじみのペンギンさん家族をはじめ、
作って楽しいリベットくんを厳選してパーツを印刷したもの。
5枚目のカードは、オリジナルのリベットくんに挑戦してもらうための無地の白いカードです。
カードの紙も、厚さや手触り感にこだわりました。

そして、今回一番がんばったところは……リベットもついていることです!!

やはり、近くに東急ハンズとかないと、リベットの入手が難しいので
キットにリベットを絶対つけよう!というところからこの企画はスタートしました。
そして、リベットの製造元に問い合わせて調べていくと、
いろいろなことができることがわかってきたんです。

それで、作ったのがこれです!ジャン!
f0118538_3154455.jpg

「リベットくん専用リベット」です!!
もちろんラベルもオリジナル。
これ、東急ハンズなどで売っているものより、足を短くしてもらったんです。
数も多めの40個入り。

そして、先ほどのカードを全部切り抜いて組み立てると…
f0118538_3221815.jpg
これだけのリベットくんが作れます!
4枚のカードから、結構たくさんできるんです。

そして全部組み立てても、リベットはちゃんと余るようになっているので
残りは無地のカードで、ぜひオリジナルリベットくんに挑戦して欲しいな、と思っています。

いかがでしょうか?
楽しそうでしょう?

本という形式に乗っかって、いろいろ面白いことやりたい、とずっと
考えていたのですが、今回ついにここまでやれて感無量です。

わが家で、ロカちゃんとリベットくんでものすごく盛り上がったように
いろいろなところで親子のみなさんが楽しんでくれたらなーと思っています。

ちなみに、本の中身は今回紹介しませんでしたが、本自体もかなり濃いです(笑)
それはまたの機会に…

月末の発売、楽しみにしていてください!
by iwaisanchi | 2007-07-12 03:47 | ◆リベットくん
<< リブロ池袋 ワークショップ&サ... アクシス追加情報 >>


カテゴリ
人気ジャンル