いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
松本市美術館 ワークショップ&講演会のお知らせです
もう一つ、8月頭のワークショップ&講演会のお知らせです。
長野県在住の方で、このいわいさんちwebをご覧になっている方はいるでしょうか?

8月8日(水)に、長野県・松本市美術館で
ワークショップと講演会をすることになりました!

以下、美術館のHPよりコピペです。

開館5周年記念ワークショップ&講演会
「いわいさんちへようこそ!@松本市美術館」

キャラクター商品やハイテクおもちゃであふれる世の中。でも、そんなものばかりでは味気ない。メディアアーティストの岩井俊雄さんの家では、父と娘が一緒になっておもちゃを手作りしながら、新しい遊びを考えています。夏休みの1日、みなさんも岩井さんと一緒に親子で楽しく遊びませんか?
--------------------------------------------------------------------------------
■講演会「パラパラ漫画からメディアアートへ、そしていわいさんちの今」
◆日 時:8月8日[水] 午前10時~午前11時30分
◆対 象:一般 80人
◆料 金:500円
--------------------------------------------------------------------------------
■ワークショップ『どっちがへん?』と『リベットくん』を作って遊ぼう!
◆日 時:8月8日[水] 午後1時30~午後3時30分
◆対 象:親子(小学生低学年) 20組
◆料 金:一人 800円
◆内 容:いわいさんちオリジナルの遊び「どっちがへん?」や手作り紙おもちゃを、
親子一緒に作って遊びます。


松本市美術館のアナウンスページはこちらです。

ワークショップのほうは、7/12の時点で15組応募があったそうなので
もう残り少しかもしれません。講演会はまだ大丈夫だそうです。
子どもたちみんなにオリジナルの『どっちがへん?』を考えてもらったり、
一緒にリベットくんを作って楽しく遊びたいと思っています。

もし松本市在住、もしくは近郊の方がいらっしゃいましたら、
夏休みの松本市美術館でお会いしましょう!
by iwaisanchi | 2007-07-14 00:29 | ◆お知らせです!
<< 「どっちがへん?」東急電鉄マナ... リブロ池袋 ワークショップ&サ... >>


カテゴリ
その他のジャンル