いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
リブロ池袋の「リベットくん」ディスプレイ
今度の日曜日にワークショップをやることになっているリブロ池袋本店で
『いわいさんちのリベットくん』の特設ディスプレイの展示作業をしてきました。

開店前の早朝8時半から作業開始です!
絵本・児童書コーナーの正面にあるショーウインドウ全面を使った展示なので、
結構スペースがあります。
f0118538_1034536.jpg
本とキットの内容や、完成したリベットくんを展示したのですが、
もっと目立つように、3倍以上に拡大した巨大リベットくんも作ってみました(笑)
先日の宣伝用ビデオも上映してもらえることになりました。
f0118538_10344713.jpg
準備がよかったせいか、思った以上に順調に行って10時の開店時には
ほとんど完成できました。
(昨年の『いわいさんちへようこそ!』のときから、
かなり展示を数こなしてきているので、要領もわかってきました)

開店後も、しばらく飾りつけの調整を続けていたら……
さっそくお買い上げの親子の方が!うれしい!

29日、日曜日のワークショップは
14時の回はすでにいっぱいですが、16時の回はまだ
空いているそうです。(本を買わなくても参加できます)

ワークショップはこのショーウインドウの前の通路に
机を並べてやるそうなので、いくらでも見学可能です。
ワークショップ後にサイン会もあります。

お時間ありましたらぜひ!

……

ところで、本作りは、単に作ればいいのではなく、その後の展示やワークショップや
サイン会、講演などのイベントなども重要なのだ、というのを
『いわいさんちへようこそ!』を出してみて初めて知りました。

作ったものをいかに人に知ってもらうか、そこの努力が必要なんですね。
もともと僕は、展覧会での作品発表などを中心にやってきた人間なので
これまでの経験がかなり役にたってます。
今回はビデオや音楽まで、自分で作ってしまいましたが(笑)
自分の作ったものを、どう宣伝するかを考えるのも
創作の一部と考えると、楽しいものです。
by iwaisanchi | 2007-07-25 18:39 | ◆リベットくん
<< 久しぶりのゆゆちゃんです いわいさんちの リベットくんPV >>


カテゴリ
人気ジャンル