いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ワークショップの朝
ワークショップ準備の帰り、美術館学芸員の大島さんから、
ロカちゃんにこんなプレゼントをいただきました。
f0118538_1453270.jpg
紙でできた七夕人形です。色がとても素敵です。

街で見かけた、着物を着せて吊り下げた人形以外に、
松本にはいろいろなタイプの七夕人形があるそうです。

平面的なところが、リベットくんにちょっと似てるかも…?と言われて、なるほど!と思いました。
ロカちゃんは、とても気に入って、ホテルに帰るとさっそく部屋の窓に吊り下げました。



そして、翌8月8日、ワークショップ当日の朝。
パパとロカちゃんは、ママたちより一足先に美術館に向かうことにしました。
f0118538_146655.jpg
ホテルから出てすぐに、また七夕人形が目に飛び込んで来ました。
昨日、素敵な人形をいただいたこともあって、ますます気になります。
美術館への道すがら、ロカちゃんと七夕人形を見つけながら歩くことにしました。
f0118538_1463698.jpg
あっ、ありました!これは飲み屋さんの店先。
f0118538_1462852.jpg
こちらも別な飲み屋さんです。着物の色が夏らしくさわやかですね。
f0118538_1464563.jpg
こちらは、おそば屋さん。渋めの着物が、お店の雰囲気に合っています。
f0118538_2175647.jpg
こんなにたくさん吊り下げているお店もありました!ちょっとこれは渋すぎかな…

「あっまたあった!」「パパ、こっちにもあるよ!」と
二人ではしゃぎながらの七夕人形探しはとても楽しかったです。
f0118538_1461360.jpg
街のあちこちにある七夕飾りもとてもきれいでした。
f0118538_146566.jpg
そして、美術館の近くに、昔ながらの土塀の横に小川が流れる道を発見。
f0118538_14725.jpg
かなり流れの速い小川の水は、手ですくって飲んでみたくなるくらい透明です。
水の中には、流れに逆らうことなく長く長く伸びた水草が。
朝の光でキラキラ光る水面を見て、なんだかとても懐かしい気分になりました。

松本には、こんなきれいな水の風景があちこちに
残っていて、うらやましい限りです。
by iwaisanchi | 2007-08-08 20:09 | ◆このごろのいわいさんち
<< 松本市美術館ワークショップ、盛... 松本へ >>


カテゴリ
人気ジャンル