いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ロカちゃんロープウェイ
今年のはじめ、このいわいさんちwebで、わが家の地下の工作部屋に作った
ブランコとなわばしごをご紹介しましたが、覚えてらっしゃいますか?

あれからしばらく、なわばしごは
ロカちゃんや遊びに来たお友だちに大人気でした。

最初はてっぺんまで登れなかったロカちゃんも、
お友だちと登るのを競争するようになったら、
すぐにまもなく一番上まで登れるようになりました。
やはり、目標や競争相手は子どもたちを発奮させるんですね。

さて、そのブランコとなわばしごから、さらに発展させて
今度はこんなしかけを作ってみました!
f0118538_4161956.jpg
公園のアスレチックなどで、子どもがぶらさがって移動できる
ロープウェイみたいなのありますよね?
あれです!



わが家の地下は、ちょっとした廊下をはさんで
工作部屋と僕の仕事部屋があるんですが、
その両方の部屋の天井にねじ穴をあけておいたので、
長いロープを買ってきて、2つの部屋をつないでみました。
f0118538_4161280.jpg
そしてそのロープに、ホームセンターで見つけた滑車を通して
手でぶら下がれるように木の棒を取り付けました。

高くしたブランコの上から、両手で棒をしっかりにぎって、
よーいドン!
f0118538_4404097.jpg
ぴゅーっ!
f0118538_4163235.jpg
たのしーい!!!

2つの部屋の天井の高さが一緒なので、
勢いをつけても半分ちょっとまでしかいきませんが、
それでもかなり面白いです!
大人でもできます。

あーこんなことなら、もっと天井のあちこちにねじ穴を開けておけば
さらにいろんな遊びができたなあ…
by iwaisanchi | 2007-09-15 04:45 | ◆このごろのいわいさんち
<< ふたりのシルエット ジャングルプール >>


カテゴリ
その他のジャンル