いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ふたりのシルエット
これ、わが家のリビングのピアノの上にいつも置いてある
ものなのですが、何かわかりますか?
f0118538_17294491.jpg
そう、ロカちゃんの横顔のシルエットです!
2年前のロカちゃんの誕生日に東京ディズニーランドへ
行ったときに作ってもらったものなんです。



東京ディズニーランド通の方なら、とっくにご存知だと思うのですが、
ディズニーランドの中にはシルエットスタジオという小さなお店があって、
そこで熟練の職人さんが、数分でシルエットを切り抜いてくれます。

派手なディズニーランドの中では、とても小さな、
そして地味なお店ですが、パパはここが大のお気に入り。
シンデレラ城の下のガラス細工と同じように、
職人さんのすばらしい手さばきを生で見られるのが好きです。

そして何より、世界で一つの、その人の、その時だけの記念が
できあがるところがいいんです。
f0118538_17325685.jpg
このシルエットを作ってもらったのは2年半ほど前なので、
今のロカちゃんよりもちょっと幼い頃の横顔なのですが、
ちゃんとその感じが出ています。

似顔絵と同じように、ある種のデフォルメや省略をしていると思うのですが
黒一色のシルエットなので、その分基本はリアルなのがいいんですね。
絵と違って、黒い紙をハサミで切り抜くことで生まれるシャープさや
こちらが想像する余地があるところが、
見ていて飽きずに引き込まれる要因なのかもしれません。

シルエットを眺めていると、写真とはまた違って、
時間が静かに、そしておごそかに
そこにとどまっているような感じがするのが不思議です。


さて、8月の頭に友人家族に誘われて、またディズニーランドに行く機会がありました。
ゆゆちゃんにとっては、初めてのディズニーランドです。

暑いさなかの子ども連れなので、午後3時くらいから
気軽な感じで行ってみたのですが、
それでも、水を大量に使ったショーやエレクトリカルパレードなど
十分楽しめました。

帰り際には、もちろんシルエットスタジオで
ゆゆちゃんのシルエットも作ってもらいました。
f0118538_0202395.jpg
ロカちゃんの時とは違う職人さんでしたが、さすがにうまいです!
f0118538_1729521.jpg
偶然、顔の向きが反対になって、
ゆゆちゃん、ロカちゃん、ふたりが向かい合わせに
ピアノの上に並ぶことになりました。
by iwaisanchi | 2007-09-18 18:07 | ◆このごろのいわいさんち
<< パパサウルスの特番のお知らせ ロカちゃんロープウェイ >>


カテゴリ
その他のジャンル