いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
クルルルル…
ロカちゃんは、お絵かきや工作が大好きです。
なので、遊びといえばどうしても家の中が多くなりがち。
こんな寒い季節になってくるとなおさらです。

でも、やっぱり子どもは風の子、外にも連れ出したい。

そんな気持ちもあったパパは、この前の日曜日、
「いい天気だから井の頭公園でお昼を食べようよー」とロカちゃんを誘ってみました。
最初はあまり乗り気でなかったロカちゃんですが、なんとか説得して公園へ。
途中、コンビニでパンやお弁当を買いました。

目的は公園でランチなのですが、そんなときにも紙やハサミなど
工作の道具や材料を持っていくのがわが家流です。

ところで、パパとロカちゃんがよく行く公園のグランドでは、
手作りの紙飛行機をゴムで飛ばしているおじさんたちをよく見かけます。
そのおじさんたちの紙飛行機を見ていて、パパも前から、
なにか空に飛ばして遊ぶおもちゃを作ってみたいなーと思っていました。
工作と外遊びの接点としては、空を飛ぶおもちゃってよさそうです。

ただ、見ているとおじさんたちの紙飛行機はかなりマニアックな世界のようで
子どもが簡単にはできそうにありません。
それに、パパとしてはやっぱりオリジナルのおもちゃを考えたいんです。

ロカちゃんとお弁当を食べながら、そんなことを考えていて
ふと、輪ゴムで飛ばしてくるくる回りながら落ちてくるおもちゃが簡単にできないかなあ、と思いました。

それで、作りはじめてみたのがこんなもの。
f0118538_08031.jpg
家から持っていったハガキサイズの紙を細長く切り、
2枚をホッチキスで留めてプロペラ型にして、羽をちょっとナナメに曲げます。
回るときにきれいに見えるように、ロカちゃんと一緒に色も塗り、
お弁当についていたワリバシに輪ゴムをつけ、切れ込みを輪ゴムの先に引っ掛けて引っ張り
空に向けて飛ばしてみました。

うまくやると、結構高くは飛ぶのですが、考えていたように回って落ちてきません。
羽をナナメに曲げる度合いを変えたり、紙を重ねて先のほうを重くしたりして工夫するうち、
少しは回るようになってきたのですが、どうもバランスがよくないようです。

こりゃダメかなあ…とあきらめかけたころ、
そうだ、羽を2枚じゃなくて3枚にしてみたら?と思いつきました。
f0118538_1251694.jpg
こんな風にさっそく作り直し、両側の羽を少しひねって飛ばしてみると…
なんとものすごくよく回りながら落ちてきました!!

「パパ、すごーい!」ロカちゃんも、くるくる回るのを見てのってきたようです。
ところが、そのうち材料の紙がなくなってしまい
さらに輪ゴムもプチッと切れてしまいました。

「せっかく面白くなってきたのに~」
仕方ないので、いったん家に帰ります。

こういうとき、転んでもタダでは起きません。
どうせならこのチャンスにヴァージョンア~ップ!
パパは、さっきの3枚羽を飛ばしているうちに、それがなんだか鳥のように見えてきたので
鳥の絵を描いてみることにしました。
f0118538_08628.jpg
描いてみると、どうでしょう!なんだかとてもこの形に似合ってます。
輪ゴムを引っ掛ける切込みが、ちょうどくちばしになりました。
これは、いいのができた!と、うれしくなってきました。

ついでに、飛ばすための棒もちゃんと長い木の棒に変え、
輪ゴムを3つつなげて棒の先につけました。
f0118538_081243.jpg
パパが鳥の絵を描き始めたのを見て、
「あっ、それいい!!」と、ロカちゃんも鳥を描きだしました。
f0118538_081846.jpg
それも、すごい勢いでいくつも作ってます(笑)

ふたりともできあがって、また急いで公園へ。さあどうかな?
f0118538_082212.jpg
これがパパの作った第1号、おめめパッチリの水色インコ。
青空に似合ってます。
f0118538_083150.jpg
そしてこちらが第2号のピンクのオウム。ちょっとしっぽの形を変えてみました。
f0118538_083750.jpg
さあ、輪ゴムにくちばしをひっかけて、1、2のGO!
f0118538_084393.jpg
飛んだ!
ちゃんときれいにくるくる回って落ちてきました!
f0118538_084973.jpg
そしてこちらが、ロカちゃんの虹色のオウム?
f0118538_075423.jpg
ゴムを思いっきり引っ張って……
f0118538_085654.jpg
えいっ!!
f0118538_09252.jpg
飛びました!
それも飛んでいるところは、なんだか本物の鳥のようです!
f0118538_09865.jpg
だんだん飛ばし方がうまくなって、最後はこんな高くまで…
これは、もっと追求していくとすごくなりそうです。

ロカちゃんは、くるくる回って落ちてくるのを走っていってキャッチする
遊びも自然に始めていました。

子どもたちを集めてみんなでたくさん飛ばしたら面白そうですね!
f0118538_0504648.jpg
というわけで、わが家のオリジナルおもちゃがまた一つ増えました!
by iwaisanchi | 2007-11-29 00:51 | ◆このごろのいわいさんち
<< リベットくんのクリスマスカード... 毎小記者の子どもたちとリベット... >>


カテゴリ
その他のジャンル