いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
わがやのかまくら
2月3日日曜日の朝。まだ寝ていたパパのところへ
「パパ!ゆきだよ、ゆき!かまくらつくろう!ゆきだるまつくろう!」と
ロカちゃんが大声を張り上げながら起こしにきました。
f0118538_11441899.jpg
窓の外を見ると、確かに大雪!
この前の初雪よりもかなり積もっています。5~6cmというところでしょうか。
f0118538_11442582.jpg
「きょうこそ、かまくらつくりたいなあ~」とロカちゃん。
ゆゆちゃんも自分でイスの上に登って、まっしろになった外の風景を眺めています。

かまくらってどうやってつくるんだろう…パパはとりあえずネットで調べてみることにしました。
でも検索して出てきたのはどれも本格的なものばかり。
とても気軽にできそうにありません。
それに子どもが入れるサイズでも、かなり大量に雪がいりそうです。
「ねえロカちゃん、これ見てよ。人が入れるサイズのかまくらってこんなに大変みたいだよ。
今日の雪じゃ足りないんじゃない?ちいさいのじゃだめ?」
「え~っ、はいれるおおきさのじゃなきゃやだよー」
f0118538_11443234.jpg
仕方ないので、少ない雪でもかまくらの雰囲気を味わえるように
ダンボールで小屋を作って、そのまわりに雪をためるのはどうかな?と考えてみました。
ロカちゃんにスケッチを見せると、「それがいい!やろうやろう!」とノリノリです。
f0118538_11443866.jpg
さっそく家にあった手頃な大きさのダンボール箱を使って、まずは屋根の部分を作りはじめます。
f0118538_11444473.jpg
そして、屋根を支える4本の柱には、前に物干し竿に使っていて古くなってしまった竹があったので、
それをのこぎりで切って使うことにしました。
f0118538_11511832.jpg
パパが竹の柱をヒモでダンボールに固定している間、
ロカちゃんは、ダンボールの屋根のまわりに絵を描き始めました。
f0118538_11445821.jpg
屋根に柱がついて、基本の構造ができました!
ロカちゃんがはいってみると、なかなかいい大きさです!
f0118538_1145554.jpg
さらにまわりに壁をつけることにしました。
「横や後ろ側は、雪で見えなくなっちゃうよー」、とパパが言っても
「いいの、わたし、かきたいんだもん!」と、言いながら
ロカちゃんはお構いなしに、どんどんまわりに絵を描いていきます(笑)
f0118538_11451136.jpg
「じゃあ、どうせなら窓をつけよう!」と、裏側の壁に穴を開けて、
ダンボールで窓をつけました。
f0118538_11451767.jpg
窓はこんな風にあけられるんです。
f0118538_1145236.jpg
「ようし、ついでに旗も立てよう!」
細い竹を柱にしばりつけて、旗を立てることにしました。
f0118538_11452938.jpg
三角に切ったダンボールに、ロカちゃんが片面に「かまくら」、
裏には「いわいさんち」と書いて、竹の先にヒモでしばりつけました。
さあ、準備完了です!!
f0118538_11453628.jpg
パパとロカちゃんで、地下の工作部屋から庭へとダンボールのかまくらを運び出します。
ダンボールが濡れないように、念のため大きな半透明ビニール袋をかまくらにかぶせてから
上や横に雪を集めてかまくらっぽくしようとしたのですが…
f0118538_11454284.jpg
庭や道路に積もった雪を何度もバケツに集めて運んでも
とても全体が隠れるほどにはなりません。
横の壁が半分くらい雪で隠れたところで、ふたりともヘトヘトになってしまいました。
f0118538_11454872.jpg
かまくらは、もうよいことにして、今度は雪だるまを作ることにしました。
f0118538_11455429.jpg
やっぱり、わが家で作るのはペンギンの雪だるまです!
目のところには、葉っぱを埋め込みました。
f0118538_1146132.jpg
普通のとはちょっと違うけれど、
ちゃんと中に入れるかまくらができて、ロカちゃんは満足そう。
f0118538_1146618.jpg
そして、このかまくら、ゆゆちゃんなら立ったまますっぽり入れるんです!(笑)
by iwaisanchi | 2008-02-11 11:46 | ◆このごろのいわいさんち
<< ペンギンさんの雪だるま 大雪 >>


カテゴリ
人気ジャンル