いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ペンギンさんの雪だるま
雪の降りしきる中、ずっとかまくらを作っていた
パパとロカちゃんは、すっかり帽子もコートも濡れて冷えてしまいました。
ママが作ってくれた、あったかい白いんげん豆とキャベツとチーズのスープをのんでひと休みです。

午後になっても、まだまだ雪は降り続けています。
お昼を食べたあと、ロカちゃんが今度は、公園のグラウンドに行きたい!と言い出しました。
いくら寒くても、こんな雪の日にはロカちゃんのワクワク気分は止められそうにありません。
「ようし、でっかい雪だるまを作りに行こう!」
f0118538_1433016.jpg
パパとロカちゃんは、雪の降りしきる中、かさをさして公園へと向かいました。
さっきかまくらを作っている間、パパは長靴の足先がすごく冷えてしまったので
今度はしっかり靴下用のカイロを貼っていきました。
f0118538_1433672.jpg
グラウンドに着くと、あたりは一面銀世界。
すでに、午前中に誰かが作った雪だるまもいくつも立っています。
普段はみんながジョギングしたり、くつろいだりしている原っぱが
全部真っ白になり、いつもよりとても広く感じて、不思議な感動を覚えます。
f0118538_1434267.jpg
ロカちゃんは、さっそく雪玉をころがしはじめました。
2年前の雪よりも積もっているので、大きな雪だるまが作れそうです。

雪玉は、ころがすうちにどんどん大きくなって、最後はふたりで押しても動かないくらいの大きさになりました。
その上にやや小さめの雪玉を乗せようとしたのですが、これも重くて持ち上げるのに一苦労。
パパも、ほとんど雪の降らないところの出身なので、
こんな重さの雪玉を作ったのは生まれて初めてだ!と気がつきました。
f0118538_143491.jpg
2つ重ねた雪玉を、削って形を整えていきます。
雪玉をころがす時に、どうしても地面の土がはがれて、
雪玉に巻き込まれてしまったので、削るときたない模様になってしまいます。
なので、積もっているきれいな雪をもう一度くっつけて、白くするのが面倒でした。
f0118538_1435558.jpg
それでも、なんとかできあがりました!!
「雪玉をころがすペンギンパパ」です!
手には手袋、頭には毛糸の帽子もかぶせてみました。
f0118538_144013.jpg
ロカちゃんも、よいしょ、よいしょとペンギンさんを後ろから押して
一緒に雪玉をころがすまねをして記念撮影。
f0118538_144658.jpg
ペンギンさんの雪だるまができたあとは、ふたりで雪合戦のはじまりです。
カメラで写真を撮っているパパに向かって…
f0118538_1441297.jpg
ロカちゃんが雪玉をえいっ!

このあと雪玉は見事パパのカメラに命中したのでした…
by iwaisanchi | 2008-02-11 21:35 | ◆このごろのいわいさんち
<< NHKハイビジョン番組『わたし... わがやのかまくら >>


カテゴリ
人気ジャンル