いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
「ふきのとう」と「ハチの王様」
ロカちゃんの名前の「ロカ」は、漢字で「蕗花」と書きます。
ロカちゃんは、2000年の2月末に生まれました。
ちょうどこの時期に土の中から顔を出す「ふきのとう」のかわいらしさを
名前にしてはどうだろう、と思いつき、「蕗花」と名付けたんです。
(「ふきのとう」のことを「蕗花」というわけではありません。僕の造語です)

そして、僕もママもその名前がとても気に入って、何年も経ったある日、
ちょっとびっくりしたことが起こりました。

下の写真を見てください。
f0118538_025115.jpg
これは、何かというと、僕が中学三年生の時に、美術の授業で使っていたスケッチブックです。
f0118538_024474.jpg
それを実家の倉庫で見つけて、何十年かぶりにパラパラめくって見ていたら
こんな絵があったんです!
f0118538_023899.jpg
これは、まさしく「ふきのとう」!

なぜ、中3の時に「ふきのとう」を描いたのか、まったく覚えがありません。
それに、このスケッチブックには、他にも植物が描かれているわけではなく、
この「ふきのとう」だけなんです。

とにかく、この絵を発見したときは、まるでロカちゃんの名前が
このときすでに予感されていたかのようで、驚いてしまいました・・・
f0118538_023066.jpg
そして、同時に「ふきのとう」の上を飛んでいる
この「王冠をかぶったミツバチ」はなんだろう?と考えてしまいました。
これにも、まったく記憶がありません。
この「ハチの王様」も何かの予言なのでしょうか…(苦笑)
今のところ心当たりはないです。

この絵を発見して以来、ずっと気になっているんです。
by iwaisanchi | 2008-02-26 23:02 | ◆このごろのいわいさんち
<< ロカちゃん8才の誕生日 春のにおい >>


カテゴリ
人気ジャンル