いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ダンボールの犬小屋 その6
ダンボールの犬小屋を作り始めて3日目。
中に入って遊んでいたロカちゃんが、しばらくすると
「パパ~カーテンがとれちゃうよ~」と言いながら出てきました。
セロテープで簡単につけただけのカーテンは、
中で遊んでいるうちに体に当たってすぐはずれてしまうようです。

適当に作ったよれよれのカーテンが
パパはあまり気に入っていなかったので、
「ロカちゃん、せっかくこんな素敵な犬小屋ができたんだし
どうせならカーテンしっかり作ろうよ!」と言ってみました。

「じゃあ、パパおねがい!」そうロカちゃんに返されて、
よーし、と残っていた布を使って、ミシンでしっかりカーテンを作ることにしました。
f0118538_22185888.jpg
きれいに形を揃えて切ったり、周囲の縁を縫うのはパパがやりましたが、
最後にレースをつけるのは、ロカちゃんにやらせてみました。
「ほら、ゆっくりでいいから、しっかりまっすぐ縫うんだよ」
ロカちゃんは、おっかなびっくり、ちょっとずつミシンを進めます。
こういう時に遊びながら道具を覚えられるといいですよね。
f0118538_2219728.jpg
カーテンが4枚できあがりました!
f0118538_22191482.jpg
犬小屋の壁に穴を開けずに取り付けたかったので、
まずは細く切ったダンボールにカーテンをつけることにしました。
f0118538_22192139.jpg
ダンボールの両側に穴を開けて、
そこにカーテンに通したヒモを留めたので開け閉めもできます。
f0118538_22192855.jpg
新しいカーテンになりました!

さて、いよいよ犬小屋は完成したのですが、ロカちゃんにはまだ作りたいものが残っていました。
それは「ミルク入れ」と「骨」です。
f0118538_22193594.jpg
ミルク入れは、丸く切ったダンボールの周囲に、
細長いダンボールを木工用ボンドで接着して作ります。
f0118538_22194034.jpg
ロカちゃんと相談して、レモン色に塗り、文字や模様を描き入れました。
f0118538_22194734.jpg
骨のほうは、ダンボールにパパが形を描いたものを
ロカちゃんが白く塗って切り抜きます。
f0118538_22195334.jpg
ミルク入れと骨が完成しました!
こうした小物があると、遊びもグッと楽しくなるんですよね。

あっ、ちょうどまたゆゆちゃんが遊びにきました!
f0118538_2238276.jpg

できあがったばかりの骨を、意味不明な言葉を叫びながら
両手でつかんで振り回しはじめました(笑)
ゆゆちゃんのホネホネダンス?に、パパもロカちゃんも大笑いです。

(つづく)
by iwaisanchi | 2008-03-25 23:38 | ◆このごろのいわいさんち
<< ダンボールの犬小屋 その7 ダンボールの犬小屋 その5 >>


カテゴリ
人気ジャンル