いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
かき氷で色実験
毎日暑いですね!!

こんなときに食べたくなるものといえば、やっぱりかき氷です!
ロカちゃんも、「パパ~かきごおりやろうよ~」と
昨年買ったかき氷マシンをキッチンの奥からひっぱり出してきました。

「ねえ、シロップかいにいこうよー」とロカちゃん。
これまでわが家でかき氷を作る時は、色の派手なシロップではなく、
自家製梅ジュースとかカルピスとか練乳とか、
からだによさそうなものをかけるようにしていたのですが、
子どもにはちょっと物足りないみたいですね。
色の派手なシロップがかけたい気持ちもわかります。

そこで、たまにはいいか、と思ってパパはロカちゃんと一緒に
近くのスーパーにシロップを買いに行くことにしました。

売っていたのは、「いちご」に「メロン」に「レモン」に「ブルーハワイ」。

「さあどれにする?」
ひとつだけ買っていいよと、ロカちゃんに選ばせようとしたのですが
「うーん」と考え込んでしまって、とても決められません。

そりゃそうですよね。
この4つの中でひとつだけ選ぶっていうのは大人でも難しい。
ひとつ選んだら、この夏のわが家のかき氷はずっとその味になってしまうのです。

真剣に悩んでいるロカちゃんを見ながら、
パパは(そうだ!)と思いました。
「ねえ、ロカちゃん。ママには怒られるかもしれないけどね…」

そして…
f0118538_15134622.jpg
ジャーン!
結局4つ全部買ってしまったのでした!

値段は1本262円なので、まあ大したことはありません。
心配なのはかき氷の食べすぎと、着色料…
でも、全部買ったときのロカちゃんのうれしそうな顔といったらありませんでした。

そして、パパも内心(あ~こういうの子どもの時にやりたかったなあ!)と思ったのでした。
家にかき氷のシロップが全部そろってるなんて、子どもにとっては夢のようですよね!
f0118538_17155338.jpg
ニコニコ顔で家に帰ってきたロカちゃんは、
「そうだ、わたし、かきごおりやさんやる!」と、
ダンボールで看板を作りはじめました。
シロップがたくさんそろったことで、イメージがぐんぐん広がったようです。
f0118538_15135431.jpg
そして、看板を作ったあとは、さっそくかき氷マシンで氷をかき始めました。
f0118538_151412.jpg
まずは小さなグラス4つにかき氷を作って、
4種類のシロップをそれぞれかけます。
パステルカラーでとてもきれいですね。
f0118538_1514842.jpg
ロカちゃんとパパでそれぞれ味見です。
うーんおいしい!これぞかき氷!

4つの味をそれぞれ堪能してから、
パパはロカちゃんにこんな提案をしてみました。

「ねえロカちゃん、シロップとシロップをまぜたらどうなるかな?」
「えーそんなことしていいの?」
「まぜると、きっと見たことない色と味のシロップができるんじゃないかなあ?」
「おもしろそう!やろうやろう!」

実はパパは、スーパーでシロップを買う時、もしかしてこのシロップで
色と味の実験ができるかも?と思いついたのでした。
ただ4種類のシロップをかけて食べるだけでない、
面白い体験ができればしめたものです。
f0118538_1514156.jpg
さあ、さっそく実験を始めましょう。
まず、ガラスの器に、レモンシロップを入れます。
f0118538_15142372.jpg
そこにブルーハワイを足してかき混ぜると…
f0118538_15143181.jpg
きれいなグリーンのシロップができました!
メロンシロップの色とはちょっと違ったタイプの緑色です。

ふたりでおそるおそるなめてみると・・・・おいしい!!

「意外とおいしいね~!ロカちゃん、この味に名前をつけようよ!なんの味だと思う?」
「さわやか、なかんじ?」
「パパはなんか森っぽい気がする」
「じゃあ、『さわやかなもり』は?」
「いいね、それにしよう!『さわやかな森のあじ』に決定!」

自分たちで調合した色と味のシロップに名前をつける…面白くなってきました。
f0118538_15143744.jpg
次はブルーシロップに…
f0118538_15144489.jpg
イチゴシロップを混ぜてみましょう。
f0118538_15202720.jpg
そのままでもきれいですが、よく混ぜ合わせると…
f0118538_1514581.jpg
透き通った、きれいな青紫色になりました!

「この味は何かな…難しいね」
「わたしは、ふしぎなぶどうってかんじがするよ」
「そうかなあ…でもいいや、『ふしぎなぶどうあじ』に決定!」
f0118538_151552.jpg
次はレモンとイチゴを混ぜてみます。
f0118538_15151330.jpg
これは思ったとおりにきれいなオレンジ色になりました。
でも味のほうは、まったくオレンジとは関係ない味です。
「パパは、これは『たいようのあじ』って名前をつけたいな」
「いいね、そうしよう!」
f0118538_15151949.jpg
そして、さらにその『たいようのあじ』に、メロンシロップをまぜてみることにしました。
さあ、どうなるでしょう?
f0118538_15152586.jpg
うーん、この組み合わせはちょっと混ぜるのが恐いような…
f0118538_15153133.jpg
混ぜてみたら、こんな色になりました。
そしてさっそく、こわごわふたりでテイスティング。
「あー、意外とおいしいね、これ」
「ちょっとガムっぽい」
「色は草みたいな色になったね」
「じゃあ『くさのガムのあじ』がいいよ!」
f0118538_15153719.jpg
そこにさらにブルーも混ぜちゃいましょう!
これで4種類のシロップ全部を混ぜたことになります。
f0118538_15154326.jpg
さっきの『くさのガムのあじ』よりは、きれいなグリーンに戻りました。
もう何の味か、表現するのはとても難しい感じです…
ふたりで考えて、これは『なつのあじ』と呼ぼう!ということに決めました。

つまり、レモンにイチゴを混ぜると、『たいようのあじ』。
『たいようのあじ』にメロンを混ぜると、『くさのガムのあじ』。
『くさのガムのあじ』にブルーハワイを混ぜると『なつのあじ』になるわけですね。
f0118538_15155162.jpg
最後、ロカちゃんはさらに、家にあったカルピスとハチミツも混ぜ始めました!
f0118538_1515575.jpg
できあがったのは、白いカルピスと黄色いハチミツのせいで
これまでのシロップだけの混ぜ合わせとはまた違うきれいなグリーン。
なめてみると酸味も加わって、これがなかなかおいしい。
f0118538_1516393.jpg
これを名付けて『ロカちゃんスペシャル』!
いただきまーす。

あー面白かった。
by iwaisanchi | 2008-08-13 15:16 | ◆このごろのいわいさんち
<< にじいろかき氷屋さん クーヨン9月号 『プールで父が... >>


カテゴリ
その他のジャンル