いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
秋の公園 その1~どんぐりのアクセサリー
東京は急に涼しいを通り越して、うす寒いくらいになってきました。
8月のエピソードでまだまだ書きたいことはあるのですが、
さすがにそろそろ秋の話題に移りましょう。

2学期が始まって、元気いっぱいに学校に通い始めたロカちゃん。
また忙しい日々が始まりました。
宿題もあるし、習い事もあるしで、小学生って本当に毎日忙しいんです。
なかなか一緒に遊ぶ時間もありません。

なので、ロカちゃんはちょっとでも余裕がありそうな日、
例えば早めに学校が終わったり、習い事がない日は、
「パパ、きょうあそべる?」と必ず聞いてきます。

パパも、打ち合わせなど時間の決まった予定がある場合はダメなのですが、
多少仕事があっても、こんなときはなるべく「いいよー」と答えるようにしています。

だって、「あそべる?」と聞かれて、「いいよー」と答えたときの
ロカちゃんのうれしそうな顔といったらないのです…

***

さて、この日も「パパ、がっこうおわってからあそべるかなあ…」と
ロカちゃんは聞いてきました。
学校が早く終わる日なのです。

「そうだなあ、今日はたぶん大丈夫だよー」と言うと、
「やった!いっぱいあそんでね!」と、
ロカちゃんは喜びいさんで学校へと出かけていきました。

そして午後、ちょっと帰りが遅いなあと思ったら…ああ、やっぱり!
ロカちゃんは、「きょうはパパがあそんでくれるから、うちにおいでよ!」と
同級生2人とその妹ちゃん、計3人の女の子を連れて帰ってきたのでした(笑)

「さあ、みんな何して遊びたい?」と聞いてみたのですが、
子どもたちからは、特に何がやりたい、という意見も出ずにまとまりません。

そもそもロカちゃんは、パパなら何か面白い遊びをやってくれるんじゃないか、
ということでみんなを誘ったわけで、こういう時パパには
みんながグッとのってくるようなアイデアを期待されているのです。

天気もいいし、家の中の遊びじゃつまらないし…と考えているうちに
最近公園に行った時に、どんぐりを拾ったことを思い出しました。

「じゃあ、今日は公園に行って、どんぐりでアクセサリーを作ろうか!」
と、提案すると…

「おもしろそう!!」
女の子ばかりなので、「アクセサリー」という言葉にピッと反応してくれました。
つかみはOKです。
f0118538_0145578.jpg
でも、すぐに公園には行きません。
行く前に、もっと気分を盛り上げないとね!

「じゃあ、まずみんなそれぞれ『どんぐりぶくろ』を作ろう!」
A4のコピー用紙を2ツ折にして左右をホッチキスで留めて
みんなにどんぐりを集める袋を作ってもらいました。
f0118538_015010.jpg
袋には、それぞれの子がこんな風に絵を描きました。
これでどんぐりを拾うときも、普通のビニール袋に入れるよりずっと盛り上がりますね。

さあ、「どんぐりぶくろ」が出来たところで、
道具と材料を持って公園に出発です。

すると、出発間際にすかさず、ママから
「ゆゆちゃんも連れてってね!!」と、言われてしまいました。

実は、ロカちゃんとパパとで外に遊びに行くとき、ゆゆちゃんがいると
まだ小さいゆゆちゃんの行動にふたりで気をつけなければならず、
思いっきり遊べないことが多いので、ゆゆちゃんを置いていくこともしばしばなのです。
ママはママで、なるべくパパたちにゆゆちゃんの面倒を見て欲しいんですよね。

まあ、ゆゆちゃんもこんなにたくさんお友達がいるときは一緒に遊びたいよねー
パパは片手に荷物、そしてもう片手でゆゆちゃんをだっこして
みんなと公園へ向かいました。
f0118538_015689.jpg
公園に着いて、さっそく前にパパがどんぐりを拾った
木の下に子どもたちを連れて行きます。
f0118538_0151043.jpg
ロカちゃん、ゆゆちゃんとお友だち3人ともに
どんぐり拾いに夢中です。
f0118538_0151563.jpg
こんな葉っぱ付きのどんぐりもありました。
まだ落ちたばかりで、青いどんぐりがほとんどです。
茶色いどんぐりもかわいくて好きですが、
青々としたどんぐりは、なんだかまぶしさを感じるくらいにきれいなんですよね。
f0118538_0152062.jpg
さあ、どのくらい拾えたかな?
みんな、近くのテーブルでどんぐりぶくろからどんぐりを出します。
f0118538_0152581.jpg
大収穫ですね!
f0118538_0153064.jpg
虫食いや、踏まれて割れてしまったものもあるので
きれいなどんぐりを選びます。
f0118538_0153420.jpg
持ってきた材料は、盆栽用のアルミ針金、白いヒモ、セロテープ。
道具はというと、キリにハサミ、電動ドリル、ラジオペンチです。

ここからはパパが「どんぐりの穴あけ屋さん」となって
子どもたちの指示に従って、どんぐりにドリルで穴を開ける係をやります。
f0118538_0153821.jpg
作り方はとても簡単。
どんぐりに穴を開けて、その穴に盆栽用の
アルミの針金を通していくだけ。
f0118538_015437.jpg
そして、針金を丸めて、先と先をひねって留めれば
出来上がりです。
f0118538_015494.jpg
「あなあけやさん!このどんぐりにあなあけをおねがいします!」
子どもたちから、次々と注文がはいります。
「はいわかりました!10個穴あけですね?このあたりでよろしいでしょうか?」

充電式の電動ドリルにつけた細いドリルの刃で、どんどんと穴を開けていきます。
何人もの子どもたち相手なので、スピードが重要なんです。
f0118538_016492.jpg
特にアドバイスをしなくても、さすがみんな女の子。
アクセサリーというお題だけあって、どんどん出来上がります。
ブレスレットに…
f0118538_0155391.jpg
指輪にティアラ…
f0118538_0155948.jpg
ヒモを使って、ペンダント。
f0118538_016892.jpg
みんな、出来たブレスレットを自分の腕にはめたり、
ペンダントを首にかけたりして盛り上がっています。

…あれ、そういえばゆゆちゃんは?

(つづく)
by iwaisanchi | 2008-09-27 23:16 | ◆このごろのいわいさんち
<< 秋の公園 その2~草のトランポリン ロカちゃんの自由研究~丸太の家... >>


カテゴリ
その他のジャンル