いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ゆゆちゃん2歳の誕生日 その1
10月。ゆゆちゃんはもうまもなく2歳です。
さあ、今年の誕生日はどうしよう、、、と急にあせって考え始めました。

去年は、誕生日の前日からがんばって手作りの船をプレゼントしました。
でもすごく大変だったし、今年はもうちょっと簡単に済ませたいなあ、
というのが正直な気分です。

でもでもこの1年、ゆゆちゃんはパパの作った船で
本当によく遊んでくれたんです。
最初はおっかなびっくり乗っていたのが、
今ではこちらが心配になるほど、
前後に自分でブンブン揺らしてキャッキャッと喜んでいます。

それを考えると、今回も一年通して遊んでくれるようなものを
何か作ってプレゼントしたいよなあ、と気を取り直しました。
f0118538_1495317.jpg
船は、その場で揺らすだけだったので、
次のステップとしては、移動できる乗り物にしたらよさそうですね。

それなら自動車かな、とも考えたのですが、
車じゃ普通だし、女の子向きじゃないし、と思って、
まずはこんな馬の絵を描いてみました。
f0118538_1495848.jpg
馬もなんか普通だから、キリンとかどうかな、と
いろいろ描いてみたのですが、よく考えると
馬やキリンなど、背の高い動物にすると、
ゆゆちゃんはまだ足が届きません。

それに、またがって乗る場合、横幅が狭くなるので
背の高いものは倒れてあぶなそうです。
f0118538_150376.jpg
背が低い動物で、背中にまたがって乗れて…と
いろいろ考えているうちに、犬はどうだろう?
そうだ、ダックスフンドみたいな胴長の犬にしたら?
と思いつきました!
f0118538_150812.jpg
絵に描いてみると、なかなかよさそうです。
これなら、ゆゆちゃんでも両足が床に届くので安心でしょう。

…と、ここまで考えているうちに、結局去年と同じく
誕生日の前日になってしまったのでした(苦笑)

でも考えてしまった以上、がんばって作ります!
f0118538_1501364.jpg
さっそく、材料が足りるかどうか見てみました。
今回も、船を作ったときと同じく、
材料はわが家を建てたときに余った板を使います。
さすがに毎年使っているうちに減ってきたのですが、
今回の犬の乗り物にはなんとか足りそうです。
f0118538_1501837.jpg
わが家の工作は毎回そうなのですが、
作るものに合わせて材料を買ってくるのではなくて
家にすでにある材料に合わせて作るものを考えるので、
犬の大きさも、あった板によって決まってしまいます。
でも、運良くちょうどよさそうな大きさの板が残っていました!
f0118538_1502315.jpg
まずは丸ノコで、犬の胴体に使う板をカットします。
この作業はかなりうるさいので、昼間のうちにやってしまいましょう。
(ちなみにこの電動丸ノコは、大工だった
ママのお父さんから譲り受けた年季ものです)
f0118538_150274.jpg
ためしに、頭のところに板を置いてみました。
うん、この大きさならゆゆちゃんとロカちゃんと
ふたり同時でも乗れそうです。
f0118538_1503260.jpg
胴体の大きさが自然と決まったところで、
ここからは慎重に行きましょう。
原寸大の図面を描いて、頭や足の形やバランスを考えます。
それぞれの部品も、家にすでにある板から切り出せるように
板の幅や切り方を考えながら決めました。
f0118538_1503922.jpg
切った板を、さっそく組み立てはじめます。
f0118538_1504422.jpg
犬の頭を取り付ける部分は、先に切り込みを入れてから
木工用ボンドとネジで組み立てて行きます。
f0118538_1504948.jpg
船の時は、座る部分に物が入れられるようにしたら
これがゆゆちゃんに大好評でした。
なので、犬の胴体にも何か入れられるようにしようと、
おしりの部分にトビラをつけることにしました。
f0118538_150542.jpg
以前何かに使おうと買っておいたキャスターを
取り付けようと思ったのですが、胴体の幅が狭いので、
タイヤ同士がぶつかってしまい使えないことがわかりました…

なので、小さいキャスターを、慌ててホームセンターに買いに行きました。
ここまでの作業ですでに夜です。
箱ができただけで、犬にはまだまだ遠い…
間に合うかなあ…

(つづく)
by iwaisanchi | 2008-10-12 01:50 | ◆このごろのいわいさんち
<< ゆゆちゃん2歳の誕生日 その2 そらのふうけいの花 >>


カテゴリ
人気ジャンル