いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ハロウィンの切り紙
10月も、もう後半。
ハロウィンが近づいてきました!

昨年に続いて、近所の子どもたちを集めて
ハロウィンの仮装パーティをやる話が今年も持ち上がり、
子どもたちはみんな何に仮装しようかな~と、ワクワクしはじめています。
f0118538_2225650.jpg
今年は、ちょっと本格的に、参加する家庭はみんな
本物のカボチャで、ジャック・オ・ランタンを作ることになりました。
このカボチャ、直径30センチくらいあって、普通に買うと3000円くらいするんですが、
パーティを企画したお母さんの一人が探し回ってくれて、
なんと1000円ちょっとで買えたんです。安い!
それで今度、子どもたち全員でランタンを作ることになっています。

で、その時に、子どもたちにハロウィン向けの切り紙を教えてくれないかな~と
パパは頼まれました。
去年サッと作った切り紙のコウモリが好評だったんです。
f0118538_2214859.jpg
そこで、練習もかねて、わが家の窓に貼るハロウィンの切り紙を
ロカちゃんと一緒に作ることにしました。

ハロウィンっぽい色と言えば、オレンジと黒ですよね。
なるべく安くていい色の紙はないかと、ユザワヤへ行って探したところ、
「タント100」という紙がよさそうだったので、試しに買ってきました。
オレンジはN-55、黒はN-1という番号で、B4サイズが1枚24円。
f0118538_221561.jpg
作り方はとても単純で、B4の紙を真ん中で二つ折りして、
鉛筆で絵を描いてハサミで切るだけです。

この時に折ったままでなく、一度紙を広げて
開いたときにどうなるか、想像してみるのがポイントです。
いきなり切ってしまうと、例えば両目の間隔があきすぎていたりして
思っていたものと違ってしまうことが多いのです。

ロカちゃんはさっそくオレンジの紙にカボチャの絵を描きました。
切って開けばあっというまに…
f0118538_222148.jpg
カボチャのお化けの出来上がりです!
f0118538_222675.jpg
はい、ゆゆちゃんもどうぞ!
f0118538_222111.jpg
ゆゆちゃんも、カボチャお化けに変身!
f0118538_2221638.jpg
パパのほうは、黒い紙でコウモリを作ることにしましょう。
同じくB4の紙いっぱいに絵を描いて切り抜きます。
f0118538_2222022.jpg
口と目の部分もハサミで切り抜きます。
口はそのまま切れますが、目のところは、ちょっと紙を折り曲げて
ハサミで切り込みを入れた後に、切り抜きました。
カッターナイフを使ってもいいのですが、
今度教える子どもたちはカッターは使えないのでハサミでできる範囲でやってみます。
f0118538_2222613.jpg
そして、開くとこうなりました!いかがでしょう?
f0118538_2223125.jpg
ロカちゃんは、さっきの紙の切れ端を使って、小さなカボチャを作っています。
f0118538_2223562.jpg
パパもコウモリの残りで、クモを作ってみました。
f0118538_2224475.jpg
クモができたので、クモの巣も作りたくなりました。
雪の結晶を作るときのような要領で、紙を八つ折りにして、
ハサミを入れていきますが、コピー用紙と違ってちょっと紙が厚いので
切るのにすごく力がいりました。
おまけに重なっていたところが切りにくくて線が太くなってしまいました。
これでは子どもたちには難しそうですね…
クモの巣は面白いので、もっと簡単にできるといいのですが。
f0118538_2224016.jpg
さて、できたものをさっそく窓に貼ってみましょう。
クモのおしりから出ている糸は、別に細く切った黒紙を貼り付けました。
f0118538_2225129.jpg
こちらは、ロカちゃんのカボチャお化けと
先ほどのクモとクモの巣。
f0118538_2224849.jpg
そして、コウモリとミニカボチャお化け3つ。

みなさんも、ハロウィンの切り紙いかがでしょうか?
恐いだけでなく、ちょっと愛嬌のあるのができるといいですね。
by iwaisanchi | 2008-10-19 22:03 | ◆このごろのいわいさんち
<< 『石井桃子さんに感謝する会』に... ゆゆちゃん2歳の誕生日 その3 >>


カテゴリ
人気ジャンル