いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ゆゆちゃんのお絵かきコマ
絵を描くことに、とても興味を示し始めたゆゆちゃん。
でも、今はまだ何か特定のものを描きあらわす、というところにはほど遠く、
単なる描きなぐりの段階です。

でも、見方を変えれば、今のゆゆちゃんは、
ペンや筆を持って手を動かすと、紙の上にその軌跡が現れる、
その現象自体を楽しんでいるように思えます。

投げたボールが転がったり、はずんだり、
両手ですくった落ち葉が、はらはらと舞い散ったり、
そんなことだけで夢中になっているゆゆちゃんを見ると
我々にとって当たり前のことを、ゆゆちゃんはひとつひとつ楽しみながら
この世界を体験しているんだなあ、と思います。

絵を描くにしても、ペンとえのぐの線の違いや、
えのぐが混ざって違う色になることを、純粋に発見し楽しんでいる
今のゆゆちゃんの姿は、どこか科学者的でもありますね。

そんなゆゆちゃんに、単なるお絵かきじゃない面白いことを
何かさせてあげられないかな?とパパは考えはじめました。
f0118538_114536.jpg
ひとつ思いついたのが、お絵かきとコマの組み合わせです。
最近、ゆゆちゃんが家にあったコマで遊んでいたのがヒントになりました。

材料は、丸く切り抜いた木の板と、軸になる木の棒。
それに、白い紙をコンパスカッターで丸く切って中央にポンチで穴を開けた円盤。
f0118538_115162.jpg
これを組み合わせると、こんなシンプルなコマになります。
実はこの丸い板は、ゆゆちゃんの1歳の誕生日に作った船の丸窓の部分。
窓を開けた残りを捨てないで取っておいたんです。
コマの上には、白い紙の円盤を乗せました。

さて、これでどう遊ぶかというと、コマを手で回して…
f0118538_12075.jpg
マーカーで色をつけるんです!

コマを回転させたまま、コマの上の紙にマーカーの先をそうっと近づけると
急に色の線が現れます。
その色が現れる瞬間がハッとする感じで、とても不思議できれいなんです。

まずパパがやってみせたら、ゆゆちゃんもすぐに
その面白さがわかったようで、キャッキャいいながら遊びはじめました。
f0118538_12554.jpg
ある程度色がついたら、新しい紙に交換してまた挑戦です。
ゆゆちゃんは自分でマーカーの色を選びたいようです。
f0118538_121082.jpg
まず最初は黄色。
f0118538_121542.jpg
次は緑。
f0118538_122142.jpg
黄色の上に、緑が重なるとどうなるかな?
f0118538_122676.jpg
あーとってもきれいだね!
f0118538_123130.jpg
そして紺色。

見ていると、ゆゆちゃんは色の組み合わせよりも
とにかくどんどん色を重ねていくことが面白いようで、
とても真剣な目つきになっています。
f0118538_123611.jpg
あと、これはやってみてわかったのですが、
ちょっと強くペン先をコマに当てると、そのときの力でコマが逃げてしまいます。
でも、そのあっちこっちに逃げるコマを追いかけながら
色をつけるのがまた面白いんです。
f0118538_124169.jpg
いろいろな色の円盤ができました!

止めてみると、意外と線がかすれていたり、ナナメに線がはいったりしているのですが
回している間はどれもとてもきれいに見えるのが不思議です。
できた円盤は、順番にコマの上に乗せて何度も何度も回して遊びました。

こんな風に、ちょっと科学の要素があって、
お絵かきや工作にもつながっている遊びが、
今のゆゆちゃんには、ちょうどいいような気がします。

僕がずっと興味を持っている、科学とアートが交じり合う領域の面白さは、
実は、2歳くらいの子どもが一番わかってくれるのかもしれません。
by iwaisanchi | 2008-12-06 01:02 | ◆このごろのいわいさんち
<< ゆゆちゃんのお絵かきコマ その2 お絵かきの板 >>


カテゴリ
その他のジャンル