いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
岐阜・未来会館で展覧会がはじまりました!
昨年、岩井パパは岐阜県から織部賞という賞をいただいたのですが、
その受賞記念の展覧会を岐阜でやることになって、設営に行ってきました。
f0118538_16541524.jpg
場所は、岐阜市にある県民文化ホール未来会館というところ。
その2階の企画展示ギャラリーという、小さなギャラリースペースです。
f0118538_16542244.jpg
せっかくの機会なので、この展覧会では
『100かいだてのいえ』の原画を展示することにしました。

展示した原画は8枚。絵本全体の半分です。
スペースの関係で8枚だけになったのですが、
ネズミ・カエル・テントウムシ・ミツバチ・コウモリの階など
色や形のバリエーションを考えてセレクトして額装したところ
とてもいい感じに仕上がりました。

さらに原画と原画の間には、偕成社さんにご協力いただいて
30階分の絵をつないだものを幅45cm、長さ3mの布にプリントして
天井から吊り下げてみました。
これがまたとてもきれいにできました!

このタペストリーが、4本あって100階分を全部同時に眺めることができます。
f0118538_16542768.jpg
『100かいだてのいえ』の原画を展示するチャンスは
これまで一度もなくて、今回これが初めてなのですが、
実は、こんな風に自分の絵を本格的な額に入れたこと自体
生まれて初めてなんです。

20年以上もアーティストをやってきて、僕は絵を額に入れて飾るような
作品を一切作ってこなかったんだなあ…とあらためて思いました。
なので、お店で額を選んだり、サイズを決めて注文するのが
とても新鮮な体験でした(笑)
f0118538_16543458.jpg
反対側の壁には、東急電鉄の「どっちがへん?」マナーポスターの
最初のシリーズ4枚も展示しています。
関東地区以外では使われないポスターなので、
岐阜の方にはちょっと珍しいでしょうね。
f0118538_1654403.jpg
他には、これまでに出版した書籍などをアクリルケースに入れました。
f0118538_16544685.jpg
『どっちが?絵本』や『リベットくん』など、いわいさんちの本いろいろと、
f0118538_16545242.jpg
過去の展覧会カタログや、『エレクトロプランクトン』関連のもの。
特別仕様のニンテンドーDSもあります。
f0118538_16545779.jpg
そして、TENORI-ONの実機も試せるようになってます。
岐阜で、他にTENORI-ONを展示しているところはないはずなので、
興味のある方は、ぜひさわりに来てください。
f0118538_1655443.jpg
僕の隣にいるのは、『100かいだてのいえ』の担当編集者さんである、
偕成社編集部の秋重さん。
東京から、わざわざ展示のお手伝いに来てくれました。
(ありがとうございました!)
f0118538_1655117.jpg
この展覧会は、来年の2月2日までやってます。
小さな展示スペースですが、お近くの方で『100かいだてのいえ』の原画や
TENORI-ONに興味のある方はぜひいらしてください!
未来会館の場所や開館時間など、詳しくはこちらをご覧ください。
(1Fのチコチカという子どもが遊べるスペースで、僕の本も販売してくれてます)

そしてさらに、この展覧会に合わせて
来年1月24日(土)に、リベットくんのワークショップもやります!
お子さんと一緒に、ふるってご参加ください!
(参加人数が限られるため、12/20から電話で先着順に受付するそうですのでご注意を)
■ 親子で参加するワークショップ
『岩井俊雄さんと「リベットくん」を作ろう!』 

「リベットくん」は、人や動物のパーツを描いて切り抜き、
リベット(割りピン)でつなぐ紙のおもちゃ。既成のおもちゃにはない、
かわいさ・あったかさで話題を呼んでいます。
親子でオリジナルの「リベットくん」を作りましょう。

【と き】 平成21年1月24日(土)1回目/10時、2回目/14時(所要時間90分)
【会 場】 県民文化ホール未来会館 5F 大会議室
【対象年齢】 5才~小学生(親子参加必須) 各回15組
【参加費】 1組400円
【持ち物】 鉛筆、消しゴム、マーカー・色鉛筆、はさみ
【お問い合わせ、お申し込み】 県民文化ホール未来会館
岐阜市学園町3-42  TEL:058-296-0888
※12月20日(土)9時より電話にて受付(先着順)

by iwaisanchi | 2008-12-12 16:55 | ◆お知らせです!
<< ユーカリのクリスマスツリー その1 ゆゆちゃんのお絵かきコマ その2 >>


カテゴリ
その他のジャンル