いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
ユーカリのクリスマスツリー その1
わが家の庭には、ユーカリの木が立っています。

このユーカリは、4年前に家を建てた頃にママが植えたものですが、
とても小さな苗木だったのがその後ぐんぐん育って、
今では屋根よりも高くなってしまいました。
植物の生命力には本当に驚かされます。

今ではこのユーカリの木が、わが家のシンボルツリーのようになりました。
f0118538_12495247.jpg
ユーカリがしっかり根付いてくれたのはうれしいものの、
これからどこまで大きくなるのか心配にもなります。
近くに電線もあるし、台風が来て倒れたりしても困ります。

一番てっぺんの枝を落として高くなるのを止めたいと思ったのですが、
もうハシゴを使っても下からは届きません。
f0118538_12495812.jpg
植木屋さんに頼んだほうがいいのかな、とも考えたのですが、
まずは、自分で枝を落とすのをやってみようと思い、
ノコギリを長い竹の棒の先にロープでくくりつけて
2階の窓から手を伸ばして切ってみることにしました。
f0118538_1250248.jpg
試してみると、なんとかノコギリが枝まで届きそうです。
外の道路からママに見てもらい、枝ぶりを確かめながら
一本一本、伸びすぎた枝を落としていきました。
f0118538_1250724.jpg
大変でしたが、だんだんコツがわかってきてたくさん枝を落としました。
ちょっとこれで一安心。
なにより自力でできたので満足です!
来年からこの手が使えそうですね。
f0118538_12501273.jpg
さて、落とした枝をどう処分しよう…と考えながら見ているうちに
せっかく立派に伸びた枝だし、捨ててしまうのもかわいそう、
どうせならクリスマスツリーとして使えないかな?と思いはじめました。
f0118538_12501811.jpg
そこで一番大きな枝をリビングに合うように高さを調節して立ててみました!
そのままでは立たないので、床に大きな植木鉢を置いてその中に枝を入れ、
上側は天井からヒモで吊り下げました。
f0118538_12502311.jpg
ハサミで、少し葉っぱを切って形を整えます。
さっそくゆゆちゃんが、切った葉っぱを拾って遊び始めました。

「家の中に、本物の木があるといいわね!」とママ。
本当に、急に何かすがすがしい気分になります。
f0118538_12502746.jpg
下から見上げるゆゆちゃんには、とても大きな木に見えるのかな?

葉っぱの形が細長いので、クリスマスツリーらしくはないけれど、
わが家の庭で育った木なので、愛着もあります。
ちょっとこれから飾りつけしてみたいと思います。
by iwaisanchi | 2008-12-13 12:50 | ◆このごろのいわいさんち
<< ユーカリのクリスマスツリー その2 岐阜・未来会館で展覧会がはじま... >>


カテゴリ
その他のジャンル