いわいさんちwebへ
ようこそ!
by 岩井俊雄

このブログトップへ

岩井パパがつくったもの

◆アイデアはどこからやってくる?
[河出書房新社刊]
岩井パパの発想と
創作の秘密がここに!



◆ちか100かいだてのいえ
[偕成社刊]
こんどは地下へ!
地球の中には何がある?



◆ビッグブック
100かいだてのいえ
[偕成社刊]
高さ116cm×幅20cmの
大型絵本になりました!



◆光のえんぴつ、
時間のねんど
図工とメディアをつなぐ
特別授業
[美術出版社刊]
小学校の全学年で取り組んだ特別授業の記録です。



◆100かいだてのいえ
[偕成社刊]
初めての描き下ろし
絵本です。
空までとどく不思議な家を
のぼってのぼって探検しよう!



◆いわいさんちの
リベットくん
[紀伊國屋書店刊]
作る・動かす・
物語が生まれる。
かわいくてあったかい、
親子で遊べる
手作りおもちゃ。
キット付もあります。



◆どっちが?絵本
[紀伊國屋書店刊]
わが家の遊びが
3冊セットの
絵本になりました!



◆いわいさんちへ
ようこそ!
[紀伊國屋書店刊]
パパとロカちゃんが考えた遊びや工作がたくさん載っています。



◆エレクトロプランクトン
ニンテンドーDSで体験する
音と光のメディアアート。



◆TENORI-ON
光と音を演奏できる
21世紀のデジタル楽器。


◆TENORI-ON開発日誌
もうひとつ
ブログやってます。
岩井パパの
アート・音楽関連の
最新情報はこちらから!

以前の記事
検索
カテゴリ:◆いわいさんちの本( 6 )
『光のえんぴつ、時間のねんど』発売開始です!
前々回の記事で告知しました新しい本、
『光のえんぴつ、時間のねんど―図工とメディアをつなぐ特別授業』が発売となりました!
f0118538_1325672.jpg
美術出版社でも紹介ページを作ってくれました。
中身を少し見ることができますので、どんな本かのぞいてみてください。
こちらからどうぞ。

授業内容を紹介する本、というと先生向けの固いものを想像されるかもしれませんが、
この本では、従来のそういった本のイメージを破ろうと、
とにかく眺めているだけで楽しく、一緒に参加して何かを作ってみたくなるような、
そんな雰囲気の本になるように心がけました。

前に書きましたように、6学年分それぞれの授業のテーマを
気軽に読めるようにエッセイ風に解説したり、
関係する僕自身の作品を紹介する作品集的なページを作ったりと
各授業の面白さや意味を多面的に感じてもらえるように工夫しました。

授業の中で子どもたちが作り上げたユニークな作品もたくさん紹介しています。
動きのあるものはパラパラマンガでも見られるようにしました。

この本の内容は、僕の中では『いわいさんちへようこそ!』や、
このブログで紹介しているわが家の娘たちとの遊びの延長線上にあるもので、
メディアやハイテクも、紙や鉛筆や粘土のような素材や道具のひとつとして
子どもたちに使いこなしていって欲しい、という願いをぐいっと込めました。

発行部数の関係で、価格が税込2310円とちょっと高めになってしまったのですが、
なるべくたくさんの方に見ていただけたらと思っています。

よろしくお願いします!
by iwaisanchi | 2009-10-21 01:26 | ◆いわいさんちの本
ロカちゃんの小学校での特別授業
NHK教育テレビで、今年2月に放映された
ETV特集『目覚めよ身体,感覚の宇宙~メディアアーティスト岩井俊雄の特別授業』では、
放映直後から続々とこのブログにたくさんのコメントをいただきました。
ありがとうございました。
(あまりに多くて、それぞれにお返事できず申し訳ありませんでした…)

(これは番組本編放映前に放送されたPR番組です)

その後、全国各地の小中高の図工や美術の先生方からも問い合わせをいただき、
いくつかの研究会などに呼ばれました。
反響が大きくて、うれしいです。

そして今年もまたロカちゃんの小学校で特別授業をやることになりました。
昨年と同様に、この10月4週間かけて6学年全クラスでの授業に挑戦します。

6学年それぞれの授業内容は基本的に昨年と同じなのですが、
子どもたちは、学年がひとつ上がって違うテーマに取り組むことになります。

僕としては、これまで小学校で行われてきた図工的な創作から
徐々にメディアを使った表現へ橋渡しをしていくようなイメージで6つの授業を考えました。
これは、アナログとデジタル、ローテクとハイテクとをつなぐ表現を
長年してきた自分ならではの、次の世代を担う子どもたちに伝えていくべき
大事な仕事なのでは、と感じ始めています。

正直言って、6学年全部(計13クラス)の授業を一人でやるのは大変で、
準備も含めて1ヶ月以上他の仕事をストップしなければならないのですが、
これまでやってきた美術館などでの一期一会のワークショップと違って、
家の近所の小学校を舞台とした特別授業は、
身近に暮らす子どもたちの成長を感じながら連続してやれるのが
とても面白いなあ、と思っています。

一方で、僕一人でやれることは限界があるので、
メディアを使ってこの取り組みを知ってもらい、広めていきたいとも思っています。
ETV特集の番組や、このブログでの紹介もそのひとつでした。

そして番組放映後、このブログに多くの反響をいただいて力を得、
もっと詳しく授業の内容を知りたいという声もあり、
今回この特別授業を1冊の本にまとめることになりました。
f0118538_20594921.jpg
タイトルは『光のえんぴつ、時間のねんど―図工とメディアをつなぐ特別授業』。
美術出版社から、今月後半に刊行されます。
(絵本の執筆と並行していたので、ずいぶん時間がかかってしまいました…)

6学年分の授業を、写真やイラストで詳細に紹介したので
かなり実践的な内容になっています。
また、それぞれの授業への僕の思いをエッセイとして載せたり
関係する僕自身の作品もたくさん紹介したので、
読み物としても、作品集としても楽しめるつくりになっています。

学校の先生や教育関係の方はもちろん、
先日の番組を面白いと思われた方にはぜひ見ていただきたいです。

現在、美術出版社でHPを準備してくれているので
出来次第こちらでお知らせする予定です。

よろしくお願いします!
by iwaisanchi | 2009-10-04 20:59 | ◆いわいさんちの本
歡迎來到岩井家! その3
f0118538_16295188.jpg
そして、こちらは『どっちが?絵本』の台湾版です!
f0118538_16295727.jpg
『どっちがへん?』の「へん?」って「怪怪的」って書くんですね。
ちょっとおどろおどろしい・・・
f0118538_1630328.jpg

どっちがへん♪
どっちがへん♪
どっちが、どっちがへん♪

の歌は、どう発音するんでしょう?
誰か教えてください!気になる!
by iwaisanchi | 2007-03-09 16:35 | ◆いわいさんちの本
歡迎來到岩井家! その2
『いわいさんちへようこそ!』台湾版と、オリジナルの日本語版はちょっとサイズが違います。
f0118538_239689.jpg
左が台湾版、右がオリジナル。
台湾版のほうが一回り大きいんです。
f0118538_2391444.jpg
そして中身はこんな風に、中国語に翻訳されています。
僕は中国語はわかりませんが、元が自分の本なので、何が書いてあるかはもちろん知っています。
なるほど、中国語ではこう書くのか!と勉強になりますね。
ちなみに、これは「アイロンビーズ」(笑)
f0118538_2392085.jpg
そして、笑ったのは、僕が書いた手書きの字も全部翻訳されて置き換えられていたこと!
空想絵日記は、こんな風になってます・・・全部漢字だと、なんだか難しそう(笑)
f0118538_2392837.jpg
そして、巻末の「ペンギンさんつうしん」も!
ペンギンってこう書くんですね!
by iwaisanchi | 2007-03-08 23:17 | ◆いわいさんちの本
歡迎來到岩井家!
こんなものが届きました。
f0118538_2230879.jpg
これ何かわかりますか?

タイトルと帯の文字を見てくださいね。

・・・これ、台湾版『いわいさんちへようこそ!』なんです!

いわいさんちへようこそ! → 歡迎來到岩井家!

親子でつくる、たからもの。 → 親子一同製作的寶物!

中もかなり面白いですよー
by iwaisanchi | 2007-03-07 18:55 | ◆いわいさんちの本
いわいさんちへようこそ!
わが家の本を紹介します。
まずは、『いわいさんちへようこそ!』
すべてはこの本から始まりました!
f0118538_1314147.jpg
(これはいつもわが家のリビングに置いてあるロカちゃんの本。しっかり名前が書いてあります。笑)

ロカちゃんが2才の終わりごろ、ようやくちょっと会話ができるようになった頃から
僕はロカちゃんのために、いろいろな手作りおもちゃを作り始めました。

作り始めてすぐに、自分の子どもにおもちゃを作ってあげる、という行為は
親から子への一方的なプレゼントでは終わらないことに気がつきました。

一つ作ると、すぐに子どもからは次のリクエストがやってきます。
それにすぐさま答えるのも大変ですが、そこはかわいいわが娘。
一生懸命作るうちに僕自身も、ロカちゃんとのキャッチボールが
ものすごく楽しくなってしまったのです。

さらに、自分が考え、作るおもちゃには、
自分の子どもを楽しませたい、という気持ちだけでなく
自分自身が子どもをどう導いていきたいか、が色濃く表れてくることがわかりました。
まさに自分の価値観や良心と向き合うこと、そのものだったのです。
それは、僕が自分の親やこれまでの人生からどんなことを学んだか、を
深く省みる作業でもありました。

そんな風にして、ロカちゃんと、そして自分自身と向き合って
作ったおもちゃや、遊び、わが家の工夫がたくさんたまっていって
いつしか、すごい数になりました。
そうしてこの本が生まれたのです。

この本には、だいたい3年分くらいの、僕がロカちゃんと
一緒に作ったおもちゃや遊びがつまっています。

この本が今年2月に出版されてから、僕のやってきたことに
シンパシーを持ってくれた人たちがたくさん現れ、
多くの雑誌やテレビの取材を受けました。
そしてネットを検索してみると、知らない人たちがわが家のおもちゃを
参考にいろいろなかたちで工夫しながら
子どもたちと遊んでくれているのに驚きました。
本当にうれしいことです。

それを見るうち、出版するのに時間がかかる本だけでなくて
もっとリアルタイムに、わが家でやっていることを紹介したり
みんなが集まれる場所ができないかな、と思い始めました。

このブログのオープンには、そんな気持ちを込めています。
by iwaisanchi | 2006-11-26 11:57 | ◆いわいさんちの本


カテゴリ
その他のジャンル